■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

夏といえばコレ!トマトとバジルの冷製パスタ
トマトとバジルの冷製パスタ_2017年夏

いやー 暑い暑い。

こんな時に何が食べたい?と訊くと、十中八九冷製パスタ!と返ってくるのだが、作る方からすると特に涼しいという訳ではない^^;

パスタを茹でるところは一緒だし、具材の調理も火を使うものがほとんどだ。もちろん、食べる人がメインなので、それはそれとして、一生懸命作らせていただく(笑)

そこで何を選ぶかと言えば、生トマトとバジルで作るケッカソースの冷製パスタ。見た目にも鮮やかで、食欲もそそられる。我が家の夏の風物詩と言っていいものだ。

以前はトマトをさいの目にに切るだけの時もあったが、最近では必ず湯むきしたものを使っている。をの方がオリーブオイルとの絡みが良く、食感もより良く感じられるからだ。

レシピは前に書いたものを読んでいただくとして、是非、この一度この夏に作ってみて欲しい。

イタリアン | 00:22:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
こんがり柔らかなスペアリブ
こんがり柔らかスペアリブ

先日たまたま立ち寄ったスーパーでスペアリブが目に止まった。特価でかなりお手頃に思えたのだが1キログラムのパックだった。

『1キロか、夫婦二人だしなぁ‥』としばらく逡巡していたのだが、エイヤ!と買い物かごに入れてしまう ^^;

帰宅してからスペアリブのレシピを検索した結果、ソミュール液に漬け込んだ後に煮込んでから焼くというかなり面倒なやり方を試すことにした。

手間がかかるのは構わないのだが、一つだけ問題が‥ それはソミュール液に丸一日以上漬け込まなければいけないということ。結局、翌日の夕ご飯となったのだが、そんな料理を紹介する ^^;

ソミュール液とは肉を塩漬けにするために使う塩水のこと。直接塩を肉に擦り込むよりも均一に塩を浸透させることができる利点があるそうだ。

実際には塩だけでなく砂糖も入っていて、好みによってハーブや唐辛子なども加えるが、どうしてソミュール液と呼ぶかは分からなかった ^^;

一般的にソミュール液は塩が30%~10%、砂糖は加えた塩の分量の30%~10%(なので全体の9%~1%の範囲になる)らしい。

今回、家長は1kg のスペアリブを漬け込むのに500 mlのソミュール液を作った。以下がその内訳だ。

水‥‥‥‥‥‥500 ml
塩‥‥‥‥‥‥ 50 g
砂糖‥‥‥‥‥ 15 g
にんにく‥‥‥‥ 1かけ(輪切り)
赤唐辛子‥‥‥‥ 1本 (輪切り)
タイム‥‥‥‥‥ 適当(今回は4枝)
ローズマリー‥‥ 適当(今回は3枝)
ローリエ‥‥‥‥ 適当(今回は2枚)

ソミュール液をつくる
⒈ 材料全てを適当な大きさの鍋に全て入れる。一旦沸騰させて火を止め、冷やしてから使用する。

肉をソミュール液に漬ける
⒉ スペアリブをジッパー付きのビニール袋に入れてからソミュール液で満たし、できるだけ空気を逃すようにして口を閉め、冷蔵庫に丸一日(24時間)以上寝かせる(今回家長はちょうど24時間漬け込んだ)。

漬け込んだスペアリブを水で煮込む
⒊ ソミュール液から取り出したスペアリブを適当な大きさの鍋に入れて、水で満たした後に煮込んだ。ソミュール液そのものは捨てて新しい(ただの)水で煮込むのだが、ソミュール液に入れておいたにんにくやハーブ類、は煮込み鍋に加えておく。
点火して一旦沸騰させたらごく弱火にして1時間半から2時間煮込む。

煮込んだスペアリブの水を切る
⒋ 煮込みが終わったら、スペアリブをザルにあげてお湯を切る。煮込みの汁は豚肉の出汁なのでフライシュ・ケーゼの時のようにパエリアを作るスープにしてもいい。水気を切った煮込みスペアリブはすぐに焼いてもいいし、冷蔵庫に保存しておいて翌日焼いてもいい。

煮込んだスペアリブを焼く
⒌ 水分を切った4のスペアリブをフライパンで焼く。フライパンに少量のサラダオイル(家長はグレープシードオイルやオリーブオイルを使う)を垂らし、そこでスペアリブを焼く。両面にこんがりと焦げ目がつけば出来上がり。お皿に持って食卓へ。

焼きあがったものは、こんがりとして見た目にも美味しそうだったが、口に入れて驚いた。ホロホロと溶けるように崩れてゆき、その食感といい味といい、表現し難い美味しさで満足した(妻はもちろんのこと)。

食べきれなかったものは冷蔵庫で保存しておいて、翌日に電子レンジで温めてからいただいた。

時間と手間がかかる料理だが、そうするだけの価値があるものだ。暑い時にこそしっかり食べてみたいスペアリブだ。作る方は更に暑くて大変かも知れないが ^^;

その他 | 23:55:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏のカレー
ゆで卵を添えた鶏もも肉のカレー

今年の初めから春にかけてはカレー作りに励んでいた。家長オリジナルの美味しいカレー作りを模索すると言っていたアレはどうなったんだろう? と(もしかしたら)気にしている方がいるかも知れない m(_ _)m

その後ずっとカレーの記事はあげてなかったが、人知れず色々と試していた(作ったものは食べいといけないので当然妻は知っていたが)。

つい最近になって、『コレは結構いいんじゃないの』というものが出来たので今回はそれを紹介する。

写真のようにゆで卵を添えて一緒にいただいたのだが、これがとてもよく合ってっていた。

カレーは食欲を刺激して夏バテを防ぐにはもってこいだ。是非試してみて欲しい。

カレーを煮込むところ
▲煮込みが終わってガラムマサラを加えようとしている状態

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます

続きを読む >>
カレー | 10:30:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
生姜シロップ 2017夏
生姜シロップ

この週末は家にひとり、お留守番。

それじゃあと(やめときゃ良いのに)玄関先の草とりをしたら、暑いの何のって、熱中症で倒れるかと思った💦 

部屋に戻って扇風機の前に座り込んだらもう何もする気がしない^^;

こんなときは、生姜シロップのソーダ割りがいい。氷をいっぱい入れて!

『飲みたいなぁ〜』と口にしても何も起こらない。家にはひとりだし、そもそも生姜シロップがない(笑)

汗も引いて失せたやる気もわずかに回復したので、生姜シロップを作ることにした。といっても肝心の生姜がない。仕方ないので近くのスーパーまで行って買ってくる。

その往復で残っていたエネルギーも使い果たしてしまったような感覚に襲われたが、一気に走り抜けなきゃ終わらないと力を振り絞って作ったのが写真のもの。

さっそく氷たくさんの生姜シロップソーダ割りを作って飲み干したのだが、『なんて美味しい飲み物なんだろう!』という満足感と一緒に体も頭も復活した。

火は使うが、短時間で作ることができるのでおススメだ。ソーダの代わりにビールで割ればシャンディーガフになる。この夏に一度試してみてはいかがだろう。

------------------------------------------------------------------------------------
以下に作り方を記すのでどうぞご参考に (^^)

《材料》
新生姜・・・・・・・・・・・・・・適当
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・新生姜と同じ重さ
水・・・・・・・・・・・・・・・・新生姜と同じ重さ
シナモンスティック・・・・・・・・1本
クローブ(丁子)・・・・・・・・・6~8粒
レモン・・・・・・・・・・・・・・1個

《調理》

新生姜スライスと砂糖を計る
⒈ 新生姜を水で洗ってスライスにしたら224 g だった(左)。生姜:砂糖:水 = 1:1:1の割合なので、砂糖224 g を計った(右)。

砂糖とシナモンとクローブ
⒉ 適当な大きさの鍋にスライスした生姜と砂糖、シナモンスティック1本とクローブ数粒(今回は8粒)を入れる。

水を加える
⒊ 砂糖を溶かすように水224 ml(220 mlでも230 mlでも、だいたいでいい)を回しかけ、火を点ける。

煮込む
⒋ 沸騰したら(吹きこぼれない程度に)火加減を調整しながら15分間煮る。木べらを使って上のものを下に、下のものを上にしたりしながらよく煮る。

⒌ 沸騰して15分たったら、レモン1個分の絞り汁を加えてよく混ぜる(レモン汁を加えるとシロップが赤みがかって綺麗な色になる)。一旦、温度が下がるが再び沸騰してきたら火を止めて完成。

⒍ 火傷をしないぐらいにまで温度が下がったら、ステンレスメッシュのボウルなどを使ってシロップを濾し、更に温度が下がったところで密閉性のいい適当な大きさの瓶に移して保存する(冒頭の写真)。煮詰めた生姜スライスの方はシナモンとクローブをとり除いて別容器で保存する。家長はこれをヨーグルトに混ぜて食べるのが好きなのだが、色々使えると思う。

その他 | 22:15:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
フライシュ・ケーゼの出汁で作る特製《豚スペアリブのパエリヤ》
豚スペアリブのパエリヤ

ソーセージを腸詰にせずパウンドケーキの型で焼いたフライシュ・ケーゼが気に入っている。

その理由の1つは調理が簡単だから。パテ・ド・カンパーニュ滑らかなパテのように湯煎焼きをしたり、焼きあがった後に一晩寝かせる必要がなく、普通に焼いて温かいうちに食べることができる。

もう1つは他のパテ類よりも美味しいから (これは単に好みの問題ですけど)。

なので、ついつい作ってしまうのだが、気になることもある。

それは、焼き上がりの時に出てくる肉汁。

肉を焼くと全体が縮んでしまうのだけど、その時にできるパウンド型との隙間に肉汁が溜まる。これは肉の旨みなので、捨ててしまうのはもったいない。

作るたびにこれをとっておいたら300 mlぐらいになったので、そろそろ使わないと‥ と考えていたらパエリヤが思い浮かんだ。

パエリヤで最も大切なのはお米を炊くための美味しいスープ。肉汁はこれにぴったりだと思った次第。

パエリヤ4人分の場合、使うお米は2合、スープは800 mlとなる。このうちの300 mlを肉汁(出汁)でまかなおうということだ。残り500 ml用には市販の固形ブイヨン1個を溶かすことにした。

ベースが豚肉の出汁なので、具は豚のスペアリブにしたのだが、これがまた美味しいの美味しくないのって(もちろん美味しいんです 笑)。

今回、久々に妻大絶賛の1皿となった。機会があれば是非一度作ってみてもらいたい。

取り分けたスペアリブのパエリヤ
▲取り分けた豚スペアリブのパエリヤ

“続きを読む” をクリックするとレシピがみられます

続きを読む >>
スペイン料理 | 23:55:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad