FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

即興!鶏もも肉のトマト煮
鶏もも肉のステーキをトマトの水煮で煮込む

このところ週末はずっとポルケッタ作りに励んでいますが、先日は大きな豚バラ肉が手に入らなかったので急遽、鶏もも肉で何か作ることにしました。

手軽で美味しい鶏もも肉のステーキにしようと思ったのですが、もうちょっと何か付け加えたい衝動にかられ、トマトの水煮で煮込むことに (^^)

もも肉のステーキの作り方は前に書いた通りですが、これを焼いたフライパンにトマトの水煮(カットトマト)を空けてぐつぐつと煮詰めます。

ただそれだけ(笑)

鶏の皮はカリッと焼いていますので、こちらを上にしてトマトの水煮に埋もれないようにしましょう。そうすると加える水煮はフライパンの大きさで決まってしまいますが、今回の場合は1缶、400 g を使いました。水煮の水分が半分くらいにまで煮詰められたら出来上がり。お皿に盛って食卓へ。

ここのところずっと豚肉を食べていましたが、鶏肉には鶏肉の美味しさがありますね!妻も満足のようでした。

最近、筋肉の衰えを感じることがあり、糖分よりもタンパク質や脂肪を摂る割合を多くしています。なので、夕食は肉や魚が中心です(ただ、脳の活動を支えるには糖質が重要ですから、少なくとも1日の始めの朝食にはしっかり糖分を摂りますが)。

もちろん動物性タンパク質を摂るだけでは筋肉の衰えは止められません。お肉を食べるのは燃料を補充しているようなものですから、筋肉のトレーニングはせねばなりません。無理せず自分の出来ることをやるのがいいですよね (^^)

イタリアン | 22:24:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
第二のデザート? レアチーズケーキ
クリームチーズ

これまで “ナントカのひとつ覚え” で、デザートと言えばティラミスでした。それでいいと思っていたのですが、ついにティラミスじゃないものを作ることに… 

このところ我が家はチーズケーキブーム。ケーキ屋さんで買って来たレアチーズケーキを突ついていたら、「う〜ん… 家長ならこれより美味しいのが作れるよ、きっと」と妻からインターネットで探し出したレシピを渡されたのがきっかけです。それでなぜか1キログラムのクリームチーズを買ってしまいました。

しばらく放っておいたのですが、賞味期限も迫ってきますし、今回、3連休だったので挑戦してみました。

やってみると、確かに簡単ではありますが、初めてだと(慣れないので)少し時間がかかりました^^;

底が外れる直径18センチのケーキ型を使ったのですが、材料とレシピは以下のようにしてみました。

********** 【 材 料 】 **********

ビスケット・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 140 g
無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40 g

顆粒のゼラチン・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 140 ml

クリームチーズ・・・・・・・・・・・・・・・・ 400 g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120 g
ヨーグルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 400 g
生クリーム(47%)・・・・・・・・・・・・・ 200 ml
レモンの絞り汁・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

***************************

⒈ 耐熱容器(マグカップでOK)に水140 mlと顆粒のゼラチンを加えて混ぜ放っておきます(最低10分くらい)。

⒉ ビスケットはビニール袋に入れて綿棒などで押しつぶし細かい粒状にします。ここに電子レンジで溶かした無塩バターを加えてよく混ぜ、ケーキ型の底に敷いてゴムベラなどで力を加えながら固めるようにします。その後、冷蔵庫に入れておきます(固まらせるため)。

⒊ 耐熱性のガラスボウルにクリームチーズを入れ、ナイフなどで細かく切っておき、電子レンジに入れて(熱するのではなく)適当に温めてゆるくします。

⒋ クリームチーズが十分にゆるくなっているのを確認して砂糖を数回に分けて加えながらよく混ぜて行きます。その後、ヨーグルトを入れて混ぜ、更に生クリームを入れて混ぜ、レモン汁を加えてよく混ぜます。

⒌ ゼラチンを入れた容器を電子レンジで温めて顆粒が分からなくなるくらいになるまで溶かします。温め過ぎた場合はぬるくなるまで待ちましょう。

⒍ 4の容器に5のゼラチン溶液を加えてよく混ぜ合わせたら、冷蔵庫からケーキ型を取り出してきて、これを流し込みます。

⒎ 好みのところまで入れたら表面をゴムベラやスプーンの裏で表面をならし、冷蔵庫に入れ固まるまで放っておきます(2時間くらいでしょうか)。

⒏ 固まったチーズケーキとケーキ型の側面の壁の間にナイフを差し込んで一周し、型からケーキを分離させたら、型の下(底)に手をあててゆっくりとケーキを上げて行き型の側壁から外して行きます。

⒐ 完全にケーキを抜いたら、適当な大きさのお皿に移して完成です (^^)

レアチーズケーキ
▲ケーキを型から取り出した後は底の部分も外すのですが、ビスケットの土台部分が不安定だったので今回は型の底(灰色の部分)を外さずにケーキ皿に乗せています ^^; 見てくれはどうでもいいんですよ、美味しければ(笑)

【 ひとことふたこと 】

参考にしたのは直径15センチのケーキ型で作るときのレシピでしたから、容器が大きくなった分、材料の量を増やしました。家長のケーキ型は直径が18センチですから、元のレシピの型の1.2倍になります。容積だとこの3乗になりますから、計算すると1.728倍となります。まあ、しかし、2倍としていいんじゃないかとやってみたのが上に書いた材料の量ですが、実際に作ってみると(やはり)多すぎました ^^; それで今回は別の容器を使ってプチレアチーズケーキを作っています。2倍ではなく1.7倍にすれば良かったのでしょうが、生クリームもヨーグルトも顆粒のゼラチンも少量余ってしまい、それらの使い道に困ってしまいます。なので、この2倍用レシピで作っておいて、余ったぶんは別の容器でプチレアチーズケーキにするというのがいいように思います。直径15センチのケーキ型を持っている方はここに書いてある量の半分で作ってみてください。きっとぴたったりなのだと思います。

ケーキの底に作るビスケットの土台ですが、このレシピに書いてあるバターの量だと砕いたビスケットの全部はうまく固まりません。ここに書いてある量の2~3倍は使わなければいけないように思います。次回作るときに試したいとは思っていますが今はまだ適切な量が分かりません。皆さんが作るときはもう少し多めのバターで作ってみて下さい。

その他 | 20:11:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
ワケありあさりでボンゴレビアンコ
わけありアサリでボンゴレビアンコ

ここのところ週末はポルケッタ作りに励んでいるのだが、今回は久々に別のものを作ってみることにした(^^)

いつも行くスーパーの魚売り場に大盛りのアサリのカゴが並んでいた。ひとカゴ300円くらいでびっくりだったが、値札には “ワケあり” と書いてあった。

何が問題かと聞いてみたら、今日中に食べて欲しいという… それで合点した、新鮮ではないということらしい。

う〜ん と一瞬考えたが、これでボンゴレビアンコにしよう!と思った。ワイン蒸し煮にしてしっかり火を通すのだし、そこから得られる出汁が欲しいので収穫から時間が経っていても問題はないだろうと、買い物カゴへ入れた ^^;

これとセットで調理用という名目で1,000円ちょっとの白ワインも買って帰った。

レシピは前に書いた通りだが、パスタを直径1.6 mmのスパゲッティーニにしてみた。

思ったよりも美味しい出汁がとれて期待以上のパスタに仕上がったのだが、ひとつだけ困ったことがあった。それはアサリの量が多くて殻を取り除くのが大変になったということ。意外だった ^^;

まあしかし、久々のボンゴレビアンコは美味しかった! 料理に使ったチリ産のシャルドネを一緒にいただいたのだが、絶妙な組み合わせでこれにも満足!

やはりパスタって美味しいな、と思った次第 (^^)

イタリアン | 00:23:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
トマトと鱈とモッツァレラの冷製パスタ
トマトと鱈とモッツァレラのパスタ

ここのところずっと、ポルケッタを作っているという話をしましたが、先週末にも作りました! ちょっと小ぶりの1キログラムでしたが、豪快な姿に焼きあげることができました。ポルケッタは何度食べても美味しいです(^^)

という訳で(どういう訳だか)、日曜日の夕食は何か別のものにしようとなり、パスタを作ることにしました。まだまだ暑いので久々に冷製パスタを。

家長の場合、冷製パスタは基本的にケッカソース(トマトのソース)ですが、今回もそこをまず作っておいて、後から沢山の具を加えてみました。

加えたのは、トラウトサーモンの刺身とモッツァレラチーズです。

トラウトサーモンって鮭かと思うじゃないですか? でも違うんですよね。
トラウトはニジマスのことなのですが、海で養殖されたニジマスを「トラウトサーモン」と呼ぶのだそうです。それでかどうか分かりませんが、トラウトサーモンの刺身用の柵は鮭のものよりずっとお手頃です。

それはともかく、この割安偽サーモンとクラフト(KRAFT)のお手頃モッツァレラチーズ沢山切って、ケッカソースの冷製パスタの上にてんこ盛りにし、上から乾燥バジルをパラパラと降って完成 (^^) 

最近、夕食には糖よりもタンパク質や脂肪を沢山とるようにしているのでこのような(写真のような)バランスになってしまいましたが、パスタはちゃんとあるんですよ(笑)

この暑さはいつまで続くでしょうか? 皆様、しっかりと食事をとってご自愛くださいね!

イタリアン | 22:01:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
鮭のカマをオーブンで焼く
鮭のカマのオーブン焼き

ここのところ毎週のようにポルケッタ作りに励んでいる家長ですが、先週末もしっかりとポルケッタを作ったのでした (^^)

しかし、その日の朝、スーパーの魚売り場へ行くと大きな鮭のカマ(アラの鰓蓋から胸びれまでの部分)が目に飛び込んで来たのでした。

これに塩を振ってオーブンの中に放り込んでおくだけでご馳走になりそう!と思えて、気がつくと2パックも買い物かごの中に収まっていました ^^;

「あれっ、ポルケッタにするんじゃなかった?」という反応に、今日(土曜日)はポルケッタ、これは明日の夕ご飯にしようと提案して承認されたのでした(笑)

というわけで、焼いたのですが、思ったよりも時間がかかりました。ポルケッタは丸めた外側(脂身の層の部分)をこんがりと焼いた上でオーブンに入れ200℃で1時間焼くのですが、今回のカマは前処理無しではありますが、200℃で40分焼いたのでした。

20分焼いたら、カマをひっくり返して更に20分。ひっくり返した時には皮目が上になるようにしてこんがりとさせます。

味付けはシンプルに塩のみ。カマ全体に適当量(総重量の1%くらい)の塩を振りしばらくしたらオリーブオイルを垂らして全体に馴染ませ、それから予熱で200℃に温めておいたオーブンの中へ突っ込みました。下の写真の上がオーブンで焼いているところで下が設定の40分を経過して(焼き終えて)トレイを外へ出したところです。

オーブンで焼く
焼き上がり

2パック分で、5つのカマがありましたが、この日は3個を二人で食べました。残りの2個は今週のどこかで食べようと冷蔵庫にストックしています。

見た目は悪いですが、味も量も十分です。安価なのでそれも魅力ですよね。ぜひお試しを(^^)

その他 | 23:27:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ