■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鶏皮せんべいチーズ
学生時代から今もまだ残っているカフェで妻とカレーを食べたのをきっかけに、新婚当時の家カレーを再現したりして最近ちょっとカレーづいている (^^)

その後、『カレーの恩返し』というミックススパイスの存在を知り、これを加えて作った市販のカレーの強烈な美味しさに衝撃を受けた。

その話は改めてすることとして、家長がカレーを作るときは基本的にチキンカレーだ。胸肉よりもも肉が好み。塊のまま買ってきて好きな大きさに切って使うのだが、レシピによっては炒めてから使う場合と生のまま鍋に入れる場合とがある。

生の場合、家長は皮を剥いでから使うのでカレーが仕上がった後に大きな皮シートが残ることになる。捨てるのはもったいないのでそんな場合は鶏皮せんべいを作ることにしている。

軽く塩コショウをしてカリッと焼き上げればとても美味しいおつまみになる (^^)

今回、冷蔵庫にいくつかのチーズを見つけたので、これらをスライスして乗せてみたらどうか試してみた。

すると、ゴルゴンゾーラとの相性がとてもいいことが分かった。ゴルゴンゾーラにはピリッとした刺激が特徴のピカンテと誰もが食べやすいドルチェ(甘口)とがあるが、今回使ったのはドルチェの方だった(妻はかなり気に入ったらしい)。

生の鶏皮はけっこう大きいが、火を通して油を除くと縮小してしまう。大した量は得られないが、おつまみによさそうだ。今回、家長は南アフリカ産の白ワインといっしょにいただいたが、なかなかいいとり合わせだった。

食材は余すところなく使いたいもの。鶏皮の扱いに困ったらぜひ鶏皮せんべいに!(^^)

鶏皮せんべいチーズ
▲焼きあがって時間をおいた鶏皮を切ろうとするとパリパリと割れてしまい思い通りの形にするのは難しいので、またフライパンから取り出してすぐに包丁を入れるのがよさそうだ。でも形にこだわらなければ何の問題もない(笑)
写真の一番上の列、右から二つがゴルゴンゾーラチーズを乗せたもの。真ん中の列はスモークしたナチュラルチーズ。一番下がマリボーチーズ。

南アフリカのシュナンブラン
▲今回、鶏皮せんべいチーズといっしょに飲んだのが南アフリカの白ワイン。シュナンブランというブドウ種のもの。元々はフランスはロワール川周辺の地域のブドウだが、南アフリカでは白ワインの大半がこのブドウから造られる。シュナンブランの別名 “スティーン” という名で紹介されているものもあるので、疑問に思ったらワインショップの店員さんに訊くのがいい。

その他 | 10:26:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハウスファミリーウォーク神宮大会
お土産

タイトルを見て何のことか?と思われたのではないだろうか。

実は先日、妻と二人で日本ウォーキング協会が主催するイベントに参加したのだけど、そのイベント名をタイトルにした。

神宮内苑や外苑を歩く約10キロメートルのコースで、無事にゴールすると上の写真のように(協賛の)ハウス食品からたくさんのお土産をもらえるという特典付きだ(^^) と言っても自由に参加できるわけではない。事前に申し込んで抽選に当たらなければならない。

参加者数は3,000人だが、一万数千人が応募するのだとか。ダメでもともとと妻が申し込んでいたのだが何と当選したのだった。

9時から開会式で9時半にスタート。昼食は各自持参とのことなので会場へ向う途中でスターバックスへ寄りサンドウィッチなどを入手して行ったのだが、家長にとっては初めての明治神宮周辺だった。

結局、12時少し前にゴールすることができたのでトータルで2時間半のウォーキングだったが、程よい疲れだったのかこの日はぐっすり眠ることができた。

適度な運動に、美味しいご飯と快適な眠り。とても大切なことだと思った次第 (^^)

480_日本ウォーキング教会会長挨拶
▲開会式で挨拶する日本ウォーキング協会会長。この日は快晴でまさにウォーキング日和。

絵画館前から出発
▲明治神宮外苑にある聖徳記念絵画館前を出発し南へ下って行っているところ。最初は混んでいたが信号で分断され、徐々に小さなグループに分かれて行った。

銀杏並木
▲外苑の銀杏並木。紅葉がとても綺麗で海外からの観光客がバスで乗り付けて写真を撮っていた(^^)

明治神宮
▲家長は初めての明治神宮の境内へ足を踏み入れた。東京に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会がないことに気づかされた。

その他 | 23:48:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
季節外れの冷しゃぶ
豚冷しゃぶ

やっと秋らしくなったと思ったら真夏日になったりして、いったいどういうこと?という困った天気が続いている。

こちらも、どんなものを作ろうかと迷うことがしばしば。

そんな中、料理雑誌を見ていた妻が『これ美味しそう!』と言うので覗いてみると、妹尾河童さんが “冷や豚” というものを紹介していた。家長の理解ではいわゆる「冷しゃぶ」だ。

だいぶ昔にカタクリ粉をまぶして湯通しすると柔らかくて美味しい冷しゃぶになると聞いて興味を持っていたのだが、それを思い出した。

妹尾さんのレシピもカタクリ粉を使うとあったので、好奇心が刺激され、作ってみることにした。

そして完成したものが冒頭の写真。ポン酢をタレにしていただいたのだが、つるっとしていてすっと喉を通るのでついつい食べてしまう ^^; ただ、豚の味はあまり感じない‥ ちょっと不思議な食べ物になった。

妹尾氏によると、この料理は真夏に食べてこそ美味しいものでそれ以外で口にすると『これは何じゃ?』と思われかねないのだそうだ。

そうなのかー と何となく納得。まあ、しかし、家長の好奇心も満たされ妻も満足してくれたので有意義な季節外れの冷しゃぶとなった(^^)


作り方は簡単なので紹介しておく。

カタクリ粉をまぶす
⒈ 極薄切りの豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用でいい)に両面に薄くカタクリ粉をまぶす(余分のものは出来るだけはたいて落とす)。カタクリ粉をまぶした肉はラップを敷いて並べ、(量が多ければ)さらにその上にラップを敷き肉を乗せるという具合にして下準備しておく。

*肉の量はお好みだが、一人当り100グラムから150グラムぐらいが目安になると思う。

お湯から上げる
⒉ 大きめの鍋にたっぷりをお湯を沸かし、沸騰したら、1の豚肉を6〜8枚入れ、火が通って浮き上がってきたら網じゃくしなどですくって冷水に入れしっかり締める。肉が無くなるまでこれを繰り返す。

水気を切る
⒊ 冷水で締めた肉をザルにとり、水を切る。

⒋ 3の肉をさらにキッチンペーパーなどを使って出来るだけ水気を切ってからお皿やボウルに移し、冷蔵庫に入れる。肉がしっかり冷えたら完成。

⒌ ポン酢やおろし生姜を加えた醤油やわさび醤油をタレにしていただく。

その他 | 12:42:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
骨付きポークのロースト
妻と買い物へ行く。

麻婆豆腐に使う豚挽肉を買うつもりだったのだが、「面白いものがあるよ、しかも半額で」と連れて行かれた先には大きな骨付きの豚ロース肉がパックされていた。

肉の厚さは4~5センチくらい、骨の長さが25センチはあろうかという代物だった。面白そうなので、どうせだからと2つ手にとりカゴに入れた(何がどうせだか不明 ^^;)

反射で買ってしまったので調理法は後から考える ^^;  しばし頭をひねったが、結局、オーブンで焼くことにした。

最初に大きめのフライパンに少量の油を引いて、そこで肉の脂を含む周囲に火を通す(前に書いたステーキの焼き方と同じだ)。脂肪が透明になってきたら、表面にも『ジュッ』と焼き色をつける。

その後あらかじめ180℃に温めておいたオーブンに放り込んで、1時間強焼いて完成した。

骨付きポークのロースト
▲写真だと肉の大きさが分かり難いが皿の直径が28センチなのでかなりのもの。上に乗っているローズマリーは焼いている途中で思いつき、玄関先から摘んできて急遽乗せてみた。

味付けはクレイジーソルト(ハーブが入った岩塩ベースの塩,下の写真)を表面に振っただけ。時間も数分しか置かなかった。

最初の40分くらいは、肉を覆うようにアルミホイルをかけ表面が焦げないようにし、その後、これを外してこんがりと焦げ目を付けた。

付け合わせにジャガイモのローストを作ったのだが、これは小さめのジャガイモを適当な大きさに切って茹でておき(鍋にジャガイモを入れて水を加えたら火を点けて沸騰したら止める程度)、豚ロース肉を焼いている天板の上に途中から乗せて仕上げた。

機会があれば是非一度やってみませんか (^^)

クレイジーソルト
▲色々なハーブが混ざって独特ないい(美味しそうな)香りがする岩塩ベースのクレージーソルト。家長には高価な味付き塩だが、何でも美味しくしてしまう魔法の塩ということで人気がある。

その他 | 00:15:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
半減期。研いだお米は何回洗えばいいの? 
米を研ぐ

ここのところ、餃子やら麻婆豆腐やらを作りだしたのでご飯を炊くことが増えた。

当然、ご飯を炊くときはお米を研ぐ。お米が流れ出さないように研ぎ汁を捨てなければいけないので、研ぎ汁をけっこう残して新たに水を加えることになる。

例えば、研ぎ汁を半分捨てては(捨てたのと同じ量の)水を足し、また半分捨てては水を足し‥ という具合に繰り返して行くとすると、何回やればきれいになるのか?

これは半減期の計算。3.11の原発事故でよく耳にしたあの(放射能の)半減期だ。問題になったセシウム137の半減期は30.1671年。30年で放射線量が半減する訳だけど、汚染前とほぼ同じレベルに戻るのは何年後のこと?

物理学的には半減期を最低8回繰り返せばいいことになっている。1/2を8回掛け合わせると汚染時の0.0039%になり99.6%まで回復するが、それには240年必要だ ^^;

放射能に限らず、この計算は生物学でも使われる。純潔とは何かという問題。

みなさんご存知のハリーポッター。あの中で、魔法使いとマグル(人間)との間に生まれた子供を忌み嫌う魔法使い達が登場するが、そのハーフの子がその後7代続けて純粋な魔法使いと家系を繋げば問題は無くなる。

どんな子も必ず両親の遺伝子を半分ずつ受け継ぐので、半減期を8回繰り返すのと同じ理屈だ。最低8世代経てばほぼ純粋な魔法使いになったと言っていい(ことになっている)。30歳で子供をもうけたとして8代で240年。セシウム137が無くなるのと同じだけの時間だ。

だいぶ横道に逸れてしまったが、お米を研ぐ場合も8回繰り返せば十分にきれいになると考えられる。但し、これは、初回に研いで出てきた濁り水をきれいにするための回数で、水を加えるたびに研ぎ続ければ8回では済まなくなる ^^;

もちろん、お米に対して過剰な水を加え、できるだけ多くの研ぎ汁を捨てるようにすれば、より早くお米をきれいにすることもできる。

ただ、こういう話の前に、研ぎ汁の透明度がご飯の美味しさにどのくらい影響するのか知る必要がある。気にしない人にはどうでもいい話だけど(笑)

その他 | 00:35:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad