■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

オニオングラタンスープ
オニオングラタンスープ

外は冬。
ムーミンはフィンランド出身なのに服を着ていない。ムーミンパパはシルクハットだけ、ムーミンママはエプロンだけを付けているところを見ると、実は家族全員でカバの着ぐるみを着ているのかも知れないと想像が膨らむ‥
ムーミン家長は寒いのが苦手だと言おうと思って話がそれてしまった。

寒いと外へ出るのがおっくうだ。外へ出たくないのなら手許にあるもので料理を作らねばならない。そしてできれば温かいものを。

食卓の上にバケットを1本、冷蔵庫の中にはピザ用のチーズとタマネギを見つけた。コンソメの素は常備してある。となればオニオングラタンスープだ!コツはタマネギをきつね色になるまで炒めること。

*** 準備 ***

材料(4人分):

タマネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
フランスパン(バケットでもバタールでも)・・1本ぐらい
ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・適当
コンソメ或いはブイヨンの素・・・・・・・・・適量
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(5~10 g ぐらい)
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・適当(大さじ2ぐらい)

*** 調理 ***

1.タマネギ2個をそれぞれ半分に切る。その半分を線維方向に沿って薄くスライスするように切る。

2.フライパンにバターとオリーブオイルを入れて火にかけたら、1のタマネギを加えて炒める(下の写真1)。全体に熱が通るまでは強火。熱が通ったら中火。薄く茶色がかってきたと思ったら弱火にしてきつね色になるまで根気よく炒める。

3.下の写真の2のようにボリュームが減り、きつね色になったら、一旦火をとめてコンソメスープ(ブイヨンでもいい)を作る。

4.今回、家長は1人分に300 cc のスープを使うので4人分だと1.2リットル。コンソメの素は1個を300 cc に溶かすとあったので、熱したお湯に4個を溶かした。スープに炒めたタマネギ(下の写真2)を加え塩コショウで味付けをしたら、弱火にして(全ての具材が揃うまで)保温する。

5.バケットを 1~1.5 cm ぐらいの厚さに切り、オーブントースターで薄く焦げ目がつくくらいに焼く。

6.適当な大きさの耐熱性容器にオニオンスープを入れ、その上に(落とし蓋のように)バケットを浮かべたら、表面が隠れるくらいにピザ用チーズを振りかける(下の写真3)。

7.6.で整えたものをオーブンに入れ200~220℃で10分ぐらい焼いたら出来上がり。上の写真のようにチーズが溶けて表面に焦げ目が現れるぐらい焼く。

8.オーブンから取り出して食卓へ運ぼう。

タマネギをきつね色に

【 ふたこと、みこと 】

4人分の材料でタマネギ2個と書いたが1個でも十分だと思う。好みの問題なので色々と試してみて欲しい。

最後はオーブントースターで焼いてもいい。すでに全てに火が通っているので、乗せたチーズが溶けて焼き目がつけば出来上がり。

今回はパンの中に大きな穴を持つバケットを使った。上に乗せたチーズが溶けたら穴に入り込み見た目は悪くなってしまった。これが気になる人はパンの中身が密なバタールを使えばいいと思う。或いは穴が埋まって余あるぐらい沢山のチーズを乗せてもいい。

チーズはピザ用に売っているものを使うのが簡単でいいが、グリュイエールやエメンタールなどお気に入りのものを買ってきて自分でフレーク状に削いで使うのも楽しい。

こんな簡単な料理だが、しっかりとお腹にたまり満足感が大きい。彩りのいいサラダを準備しておけば豪華な食事に思えてくる。
スポンサーサイト


フレンチ | 18:26:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad