■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

アスパラガスのリゾット
鶏もも肉のステーキの時に予告していたように、今回はアスパラガスのリゾットのレシピを紹介する。

基本的には以前紹介したキノコのリゾットと同じ作り方だ。キノコの代わりにアスパラガスが具になっているが、アスパラガスはゆでるだけ。米を煮るスープはお湯を塩コショウで味付けしただけなのでより簡単になっている。

アスパラガスのリゾット

*** 準備 ***

材料(4人分):

米(白米)・・・・・・・・・・・・2カップ(2合)
タマネギ・・・・・・・・・・・・・1個

アスパラガス・・・・・・・・・・・1束(4本ぐらい)

ニンニク・・・・・・・・・・・・・2かけ
オリーブオイル・・・・・・・・・・大さじ3

水・・・・・・・・・・・・・・・・4-5カップ(800-1000 cc)
白ワイン・・・・・・・・・・・・・1カップ(200 cc)
塩・・・・・・・・・・・・・・・・少々(小さじ1~2ぐらい)
コショウ・・・・・・・・・・・・・少々(小さじ1/2ぐらい)
バター・・・・・・・・・・・・・・20 g
パルメザンチーズ・・・・・・・・・大さじ4

*** 調理の前に***

アスパラガスは洗って3~4 cmに切っておく。

タマネギはみじん切りにしておく。

ニンニクは潰しておく

パルメザンチーズはおろしておく。

水は熱して塩コショウをし、弱火でそのまま温めておく。

*** 調理 ***

アスパラガス(リゾットの具)をゆでる

1.アスパラガスは3~4 cmに切り揃えて鍋に入れ、適当な量の水をいれて火にかける。沸騰したら2~3分ゆでてお湯からあげる。塩(分量外)を少し加えてゆでるときれいな緑色になる。

リゾットを作る

2.フライパンにオリーブオイル(大さじ2)と潰したにんにく(ひとかけ)を入れ、火にかけニンニクの香りがオイルに移ったら、タマネギのみじん切りを加えて炒める。にんにくは取り出しておく。

3.タマネギが透き通って来たら、米を(洗わずに)加えてよく混ぜる。フライパンを揺すったり、時々、木べらでかき混ぜながら、お米に油をからて炒める(火は中火から中強火ぐらい)。

4.お米が透き通ってきたら、白ワインを加え強火にする。ワインが沸騰してきたら再び中火から中強火にして煮る。時々木べらで底からひっくり返すように混ぜたり、細かく揺すって焦げ付かないようにする。

5.水分が無くなってきたら、塩コショウで味付けしておいたスープをお米が浸るくらいにレードル(お玉)などを使って加え、フライパンを揺すったり、木べらで時々混ぜたりしながら焦げ付かないようにすする。

6.5のステップを何度か繰り返し(だいたい18分くらいかかる)、時々、お米を試食して硬さを確認する。僅かに芯が残る感じのアルデンテになったら出来上がりなので、1で茹でておいたアスパラガスと、バター、パルメザンチーズを加え全体に行き渡るように混ぜる。

7.味見をして塩コショウで味を整えたら完了。

8.大きな器に盛ってもいいし、一人一人に取り分けてもいい。上の写真は作ったものを全てを大きな皿に盛りつけたもの。下の写真はその盛りつけたリゾットからステーキと一緒に自分のぶんをを取り分けた時のもの。


鶏もも肉のステーキとアスパラガスのリゾット
鶏もも肉のステーキとアスパラガスのリゾットを取り分けてもらった時のもの。

【 ひとこと、ふたこと 】

上の写真ではイタリアンパセリを手でちぎって散らしてあるが、そうしなくても全く構わない。

このレシピではアスパラガスを茹でて加えているが、炒めても構わない。その場合はフライパンにお米を投入する時に、アスパラバスも一緒に加えて炒める。この方が余分に鍋を使う必要がなく、色々とやり易いかも知れない。
スポンサーサイト


イタリアン | 09:42:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad