■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クミンライス
収穫の秋。スーパーのお米コーナーでは “新米” という表示をよく見かけるようになった。

そう言えば、仕事に不慣れな新人のことを新米というが何故だろう?
新米教師、新米刑事、新米弁護士、新米総理大臣など、どんな職種の頭にでも付けることができる。

では、仕事に慣れた古参の人達を古米とか古々米と呼ぶだろうか?
古米教師、古米刑事、古米弁護士、古々米財務事務次官など‥ 聞いたことがないし、仮にあってもイメージが悪そうだ。

この新米の意味は本来お米には関係ないのではないだろうか? 先に『しんまい』という音が出来て、当て字に『米』を使ったというがあるらしいが、案外そういうところかも知れない。

話がかなり逸れてしまったが、今回も美味しいお米(ご飯)のレシピを紹介する。炊飯器にセットしてスイッチを押せば出来上がりの簡単なもの。

家長は香取薫さんの『たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ』(マーブルトロン)をお手本にして作るようになった。

クミンライス
△イタリアンパセリの葉の上にプチトマトを乗せて飾り付けてくれたのは妻

*** 準備 ***

材料(6人分):

クミンシード・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
タマネギ(小)・・・・・・・・・・・・・・・1/2個
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

米・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3合(3カップ)
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

カシューナッツ・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

釜で米をとぎ、適量の水を入れ炊飯器にセットしておく。後から具を加えるので、スイッチは入れない。

タマネギはみじん切りにしておく。

*** 調理 ***

1.フライパンにサラダオイルを入れて火にかけ(中火〜中強火)、熱くなってきたらクミンシードを数粒落とす。細かい泡が出て来たら、残り全てを加え油にクミンシードの香りを移す。種を焦がさないよう火は中弱ぐらいにする。

2.みじん切りのタマネギを加え、炒める。

3.タマネギがうっすら茶色がかってきたら、炒めたものを油ごと(炊飯器にセットしておいた)お米に加え、塩も加える。

4.全体をよく混ぜたら炊飯器のスイッチを入れる。

5.ご飯を炊いている間にカシューナッツを少量のバターで炒める。ナッツをローストする感じで、表面の一部に薄い焦げ目が見えるようになればいい。

6.ご飯が炊けたら、5.のカシューナッツ加えよく混ぜ込み、茶碗やお皿に盛る。

【 ひとこと、ふたこと 】

クミンライスはこのまま食べても美味しいし、カレーの時のご飯にするのもいい。

カシューナッツは意外と高価だ。あれば美味しいが、無くても構わない。食材専門店では粒が崩れた “ブロークン” というグレードのものを売っていることがあるが、それで十分。割安なので、見つけたときには買っておくようにしている。

香取さんのレシピには3合のお米に使うタマネギは 50 g と書いてあるのだが、いちいち計るのはちょっと面倒なので家長は小さめのタマネギを1/2使うことにしている。残りの半分をどうするか迷う時には丸々1個を使う。

Mira Mehtaさんの著書によればインドではお米の甘味を引き出すために炊く時に塩を入れるのが特徴なのだそうだ。インディカ米を使うことと関係あるらしい。私達はジャポニカ米を使っているので状況が異なるのだが、米を炊く時に塩を入れる意味はそういうことらしい。
スポンサーサイト


その他 | 09:15:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad