FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第二のデザート? レアチーズケーキ
クリームチーズ

これまで “ナントカのひとつ覚え” で、デザートと言えばティラミスでした。それでいいと思っていたのですが、ついにティラミスじゃないものを作ることに… 

このところ我が家はチーズケーキブーム。ケーキ屋さんで買って来たレアチーズケーキを突ついていたら、「う〜ん… 家長ならこれより美味しいのが作れるよ、きっと」と妻からインターネットで探し出したレシピを渡されたのがきっかけです。それでなぜか1キログラムのクリームチーズを買ってしまいました。

しばらく放っておいたのですが、賞味期限も迫ってきますし、今回、3連休だったので挑戦してみました。

やってみると、確かに簡単ではありますが、初めてだと(慣れないので)少し時間がかかりました^^;

底が外れる直径18センチのケーキ型を使ったのですが、材料とレシピは以下のようにしてみました。

********** 【 材 料 】 **********

ビスケット・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 140 g
無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40 g

顆粒のゼラチン・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 140 ml

クリームチーズ・・・・・・・・・・・・・・・・ 400 g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120 g
ヨーグルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 400 g
生クリーム(47%)・・・・・・・・・・・・・ 200 ml
レモンの絞り汁・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

***************************

⒈ 耐熱容器(マグカップでOK)に水140 mlと顆粒のゼラチンを加えて混ぜ放っておきます(最低10分くらい)。

⒉ ビスケットはビニール袋に入れて綿棒などで押しつぶし細かい粒状にします。ここに電子レンジで溶かした無塩バターを加えてよく混ぜ、ケーキ型の底に敷いてゴムベラなどで力を加えながら固めるようにします。その後、冷蔵庫に入れておきます(固まらせるため)。

⒊ 耐熱性のガラスボウルにクリームチーズを入れ、ナイフなどで細かく切っておき、電子レンジに入れて(熱するのではなく)適当に温めてゆるくします。

⒋ クリームチーズが十分にゆるくなっているのを確認して砂糖を数回に分けて加えながらよく混ぜて行きます。その後、ヨーグルトを入れて混ぜ、更に生クリームを入れて混ぜ、レモン汁を加えてよく混ぜます。

⒌ ゼラチンを入れた容器を電子レンジで温めて顆粒が分からなくなるくらいになるまで溶かします。温め過ぎた場合はぬるくなるまで待ちましょう。

⒍ 4の容器に5のゼラチン溶液を加えてよく混ぜ合わせたら、冷蔵庫からケーキ型を取り出してきて、これを流し込みます。

⒎ 好みのところまで入れたら表面をゴムベラやスプーンの裏で表面をならし、冷蔵庫に入れ固まるまで放っておきます(2時間くらいでしょうか)。

⒏ 固まったチーズケーキとケーキ型の側面の壁の間にナイフを差し込んで一周し、型からケーキを分離させたら、型の下(底)に手をあててゆっくりとケーキを上げて行き型の側壁から外して行きます。

⒐ 完全にケーキを抜いたら、適当な大きさのお皿に移して完成です (^^)

レアチーズケーキ
▲ケーキを型から取り出した後は底の部分も外すのですが、ビスケットの土台部分が不安定だったので今回は型の底(灰色の部分)を外さずにケーキ皿に乗せています ^^; 見てくれはどうでもいいんですよ、美味しければ(笑)

【 ひとことふたこと 】

参考にしたのは直径15センチのケーキ型で作るときのレシピでしたから、容器が大きくなった分、材料の量を増やしました。家長のケーキ型は直径が18センチですから、元のレシピの型の1.2倍になります。容積だとこの3乗になりますから、計算すると1.728倍となります。まあ、しかし、2倍としていいんじゃないかとやってみたのが上に書いた材料の量ですが、実際に作ってみると(やはり)多すぎました ^^; それで今回は別の容器を使ってプチレアチーズケーキを作っています。2倍ではなく1.7倍にすれば良かったのでしょうが、生クリームもヨーグルトも顆粒のゼラチンも少量余ってしまい、それらの使い道に困ってしまいます。なので、この2倍用レシピで作っておいて、余ったぶんは別の容器でプチレアチーズケーキにするというのがいいように思います。直径15センチのケーキ型を持っている方はここに書いてある量の半分で作ってみてください。きっとぴたったりなのだと思います。

ケーキの底に作るビスケットの土台ですが、このレシピに書いてあるバターの量だと砕いたビスケットの全部はうまく固まりません。ここに書いてある量の2~3倍は使わなければいけないように思います。次回作るときに試したいとは思っていますが今はまだ適切な量が分かりません。皆さんが作るときはもう少し多めのバターで作ってみて下さい。
スポンサーサイト





その他 | 20:11:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する