FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

メカジキのソテー
メカジキのソテー

よく行く大型スーパーの魚売り場の片隅にアラばかり集めてあるコーナーがあって、サケやブリ、メカジキ、タラをよく目にします。

そこには調理場があって魚の切り身や刺身を作っていますから、あれこれとトリミングした後のものがここに出てくるのでしょう。家長の気をひくのはメカジキのアラです。

皮が付いていて薄かったりするのですが、けっこう分厚いブロック状のものも入っていたりしていつも決まったパターンではないのです。

店頭の前面に並べるほどの価値はないのでしょうが、ボリュームがあって骨は無し。食べやすいし、けっこう美味しいです。

これを買うのはカレー目的が多いのですが、今回は『ソテーにしても美味しそう!』という妻の一言に押されてやってみました。

作り方に特別なことは無いのですが、最後に白ワインを加えて蒸し焼きにしてしまいました(切り身の厚さがまちまちで、全体にしっかりと熱を通すには蒸し焼きだ!と思ったからです)。

メカジキは軽く塩コショウをしておきます。その後5分くらしたらフライパンに適当量のオリーブオイルを垂らしで強火で熱します。煙がでてきたら、どんどんメカジキの切り身を入れて行きました。

しばらくそのままにして、表面が焦げるかどうかくらいで、ひっくり返します。そうしたらまたしばらく焼くのですが、またひっくり返てもいいかなというくらい時間がたったら白ワインを適量(直径28センチのフライパンで ~100 mlくらい)加えて蓋をします。

しばらく放っておいてメカジキを蒸し焼きにします。ワインのほとんどが飛んでしまったら、蓋を開けて更に水分を濃縮します。

水が無くなり、ほとんど油という状態になったら完成!写真のようなものになります(^^)

今回、家長たちはパン(バケット)を主食にしましたが、ご飯とも良く合いそうです。

メカジキのアラ。どこかで見かけたらチャチャッとソテーにしてみてください(^^)
スポンサーサイト


その他 | 22:50:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する