FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

三合で炊くチョリソーとパプリカのパエリヤ
チョリソーと赤いパプリカのパエリヤ

連休じゃないけど、西の方に住んでいる娘から週末に帰ってくると連絡があった。そうしたら東の方に住んでいる娘夫婦も遊びに来るという。

「えっ、夫婦?」と思われた方がいるかも知れない。そう、あの1年4ヶ月前にボーイフレンドを連れてきた娘は結婚してしまったのでした ^^; そのことはちょっと置いといて、二人の都合がなかなか合わないので久々の帰省になる。

週末なので、当然のことながら料理は家長の担当。さて、何を作ろう? 婿殿(養子じゃないけど)にはお腹いっぱいになってもらわないと困るので、大きな肉の塊を使う豚肩ロースのローストをメインデッシュとすることにした。

主食はやはりお米だろうなぁと考えていたのだが、豚肩ロースのローストを作るのなら、その出汁で炊いたパエリヤがいい! 具は食欲を刺激してくれるピリ辛のチョリソーと見た目が鮮やかで綺麗な真っ赤のパプリカを使うことにする。

メニューは決まったが、問題は量だ。ローストの方は1キログラム、パエリヤは3合(3カップ)にすることに。ただ、我が家のパエリヤ鍋は2合がちょうどいいサイズで、3合は作ったことがない。そこを何とか頑張って無事に完成させた。

レシピについては前に書いたものを見て欲しいのだが、要は米の量に合った(お米を炊くための)スープの量が準備できるかだ。米:スープは1:2なので、米3カップ:スープ6カップで、1.2リットル(1,200 ml)が必要だ。

ローストポークのだし汁は濃厚なので2倍に薄めるくらいがちょうどいい。今回、500 mlのストックがあったので、これに水を足して1.2リットルにし、パエリヤを作った。

また、サフランを多めに(0.2グラム強)使ってみたのだが、いい具合に黄色いお米になってくれた。真っ赤なパプリカ1個を十数本の短冊状に切り、オリーブオイルで炒めたものをトッピングするととても綺麗な仕上がりで見るからに美味しそうだ。

味もいいととても好評で、あれよあれよと言う間にどんどん無くなって行ったのだが、その前に厚い豚肩ローストのスライスをとり分けていたせいか、少しだけ残して皆の手が止まってしまった。

これこそ家長が望んでいた少なすぎず多すぎずの形だ (^^)

今回、どれくらいの料理を用意しておけば皆が満足できるのかが分かったのだが、次も同じメニューというわけにはいかない。しばらくは試行錯誤することになりそうだということが分かったのだった(笑)
スポンサーサイト


スペイン料理 | 23:52:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おめでとうございます☆
お嬢様、ご結婚されたのですねー、おめでとうございます☆
娘さんが結婚されるのは寂しいかもですが、家族が増えるのと娘さんが幸せそうにしているのは嬉しい事ですよね。
2018-06-14 木 06:29:09 | URL | あっちょん [編集]
あっちょんさん、
ありがとうございます。娘の一大イベントはこちらの一大イベントでもありますが、記事にするのは難しいですね。「気が付いたら結婚していた」みたいなことになってしまいました ^^;
仰るとおりで、家族が増えて賑やかになるのは嬉しいことです。幸せです。
2018-06-14 木 20:26:55 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad