FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ニシンのプッタネスカ
ニシンのプッタネスカ

週末料理長に就任して十数年だが、夫婦二人の生活になったらついつい簡単に済ませがち。

一応、毎回、「何が食べたい?」と希望は訊いてみる。
「なんでもいいなぁ〜」という答えが多いのだけど、はっきりと希望を口にすることもある。そしてその時は多くが「青魚のパスタ」だ。

そこでだいたいイワシのパスタとなるのだけど、イワシ以外のものも使ってみたい。

秋ならサンマがあるが、今の季節だとアジだろうか?いつも行くスーパーの魚屋さんにアジが出ていたのだが、値段や大きさを考えるとイワシの方がずっと使い勝手がよさそうだった。なので迷ってしまい決断できない。

仕方ないのでちょっと足を伸ばして別の魚屋さんへ行き、店頭を覗いてみることにした。

すると、ニシンがかごに盛られていて、何と3尾300円!しかもけっこうな大きさの魚だ。なんでこんなに安いのかと思ったのだが、魚屋のおじさんの解説では今は脂が乗ってないので人気がいまひとつらしかった。

それなら、プッタネスカにするのがちょうどいいように思い、3尾とも三枚におろしてもらった。結局、2尾分をプッタネスカに使い、1尾分をソテーしてみた(ニシンという魚を食べたことがないので)。

こうやって作ってみて分かったことが二つある。一つはニシンの身は崩れやすいということ。プッタネスカを作っているとき、木べらで混ぜているとホロホロと崩れがちだ(でもこれがプッタネスカにはちょうどいい)。

もう一つは細い小骨が多いこと。食べていて困るほどではないけれど、たまに口に残るものが出てくる。小さなお子さんがいる場合は考えた方がいいかもしれない。

だけど、家長ら夫婦はこれらをとても美味しくいただきました!妻はけっこう気に入ったようで、また、「青魚のパスタ!」とリクエストされること間違いなしだ。嬉しいことだけど(笑)

プッタネスカのレシピは前に書いたものを参考にして欲しい。

ニシンのソテー
▲三枚におろしたニシンの切り身をフライパンでソテーする。切り身は軽くハーブ入りの塩をしてしばらく(5分くらい)おいておいたものを、たっぷりのオリーブオイルでソテーした。ローズマリーがあれば一緒に炒めて香り付けする。身が崩れやすいが、気にせずに皿にとろう!

コノスル オーガニック シャルドネ
▲久々にコノスルのオーガニックのシャルドネ (白ワイン)を合わせた。チリワインはお手頃で美味しいものが多い。これは1,000円ちょっとなので、料理酒にするという口実で買ってきて飲みながら料理をして、食事でも飲み続けた(笑)
スポンサーサイト


イタリアン | 23:59:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad