■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カレーのためのテキストブック
カレーを作る時に家長が参考にしているテキストブックを紹介する。以下の三冊。

タイトル:たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチン
     スタジオ ペイズリー」の本格レシピ
  著者:香取 薫  
 出版社:マーブルトロン

タイトル:うまい、カレー。
  著者:香取 薫
 出版社:ナツメ社

タイトル:はじめてのインド料理―HEALTHY WAY TO INDIAN COOKING
  著者:Mira Mehta(ミラ・メータ)  
 出版社:分化出版局

既製のカレー粉ではなく、自らスパイスを調合してカレーを作りたいと思って購入したのが最初の本、香取薫さんの『たった5つのスパイスで!インド家庭料理』だ。ターメリック、コリアンダー、クミン、レッドペッパー、ガラムマサラの5種類のスパイスだけ揃えればいいのなら無理せずに出来そうに思えた。この本にはスパイスのこと、豆のこと、油のことが丁寧に書かれていてインド料理の基本がよく分る。

上の本には肉を使ったカレーのレシピがない。それで『うまい、カレー。』を新たに購入した。この本はインドカレーだけでなく、アジアカレーに欧風カレー&スープカレー、創作カレー、アウトドアで作るカレーと盛り沢山の内容だ。

最近ではインドのムンバイ出身のミラ・メータさんが著した『はじめてのインド料理‥』をよく参考にしている。香取薫さんのレシピに比べると、油の使用量が少なくブイヨンなども使っていないところが気に入っている。

どの本もスパイスに関する基本を分り易く解説しているので、カレー作りに興味があってこれから色々トライしてみようと考えている人にはいいと思う。こられの本に限らず、気に入ったテキストブックを見つけたら手許に一冊ぐらい置いておくと何かと便利ではないだろうか。
スポンサーサイト


テキスト | 19:03:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad