FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

思わず絶句するモッツァレラチーズと卵のグラタン
お昼の簡単グラタン

日曜日には色々とやることがいっぱい。

あれこれちょこまかと動き回っていたら、あっという間に12時になってしまった。

お昼はどうしよう?と妻に投げかけてみると、賞味期限切れで困っているモッツァレラチーズがあるのでそれを何とかして欲しいというリクエストが返ってきた。

それなら、モッツァレラチーズと卵のグラタンだ!と思い、材料を確認する。

卵も粉チーズも十分にあったのだが、トマトピューレだけが無かった ^^; ただ、トマトはあるというので、急遽作ることにする。

切ったトマトとオリーブオイル、ニンニクを鍋に入れる
▲トマト2つをざく切りにして適当な大きさの鍋に入れ、ここにオリーブオイルと潰したニンニクをいれて火にかけた。ニンニクはひとかけ、オリーブオイルは大さじ2杯(30 ml)だった。

煮詰めて作るフレッシュトマトソース
▲炒めてしばらくすると水分が外に出てきてトマトジュースのようになるので、強火でそのまま煮詰めて行く。水分がかなりとんで、ペースト状になってきたら完成だ。

あとは下の写真の通り。

モッツァレラと卵のグランの作り方
▲作ったトマトピューレを適当な多さの耐熱容器の底に塗り、その上に卵3つを乗せたら軽く塩をする。それからモッツァレラチーズをちぎって散らし、その上に粉チーズを重ねたら200℃にセットしたオーブンで焼いた。

焼き時間は適当。チーズが溶けて焼き色が付けばいい。粉チーズはパルミジャーノ・レッジャーノや、グラナ・パダーノ、あるいはペコリノ・ロマーノなどをすり下ろせばいいと思うのだが、もちろん市販の既に粉になっているものを使ってもいい。

きれいに焼けたグラタンを食卓へ運び、「賞味期限切れになっても気にしなくていいよ。家長が何とか頑張って美味しいものを作るから」と言うと。

「このモッツァレラって、家長が年末に買って来てそのままになっていたモノなんですけど‥」とのこと。

「えっ!」と絶句したまま、きれいに溶けて卵を覆っている熱々のチーズをじっと見つめる家長だった ^^;
スポンサーサイト


イタリアン | 23:58:09 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
質問。
3番の写真と4番の写真ですが、3番の白いホロホロのものがモッツァレラ・チーズですね。4番のすり下ろした状態のチーズの下の、スライスしたようなものはなんでしょうか?
実はバンクーバーのモッツァレラ・チーズ、90%は水に浮いていない、スライスするタイプなんです。ブッコンチーニは必ず球形のホロホロが水に浮いている状態なんですが、、、、。
日本ではしっかりと固い、スライスしてピザに乗せてトロかせるモッツァレラにお目にかかった記憶がありません。
2018-02-14 水 07:24:24 | URL | 丸山陽子 [編集]
お答え。
4番はペコリーノ・ロマーノの塊をおろしたものなのですが、一部をおつまみにしようと思ってスライスしました。その残りが混ざっています。いったい何かと思いますよね^^;
こちらでモッツァレラとしてよく目にするのはクラフト社のもの(森永乳業が販売しています)。100 g、300円くらいで水にどっぷり浸かっています(笑) その他にも “モザレラ” というような名の真空パックされた四角いチーズ塊もみかけます。発音の問題でとちらも同じとものだと理解しているのですが、硬さも色も違うので不思議です。
2018-02-14 水 21:23:15 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad