FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

美味しいワインを選ぶヒント
ワインをインポーターで選ぶ

今回はワインについて。

高いワインも安いワインも信頼できる輸入業者(インポーター)の手を経ていればどれも美味しいはず、というお話し。

およそ月一回開かれるワインショップの試飲会へ参加するようになって何年が経つだろう。

イタリアワインの専門店フランスワイン専門店、それぞれに顔を出しているので色々な種類のワインを口にする機会に恵まれてきた(もちろん有料だけど)。

それなら家長はさぞかしワインに精通したことだろうと思われるかも知れないが、残念ながらそうはなっていない。試飲会が始まってすぐは、「ほぉ〜」「へぇ〜」「そうなんだぁ!」などと興味深く話しを聞いているのだけど、試飲会も半ばをこえてくると、いい気分になって只々ニコニコしている。

9種類目から10種類目のその日の目玉ワインが注がれるころには最初に聞いたことなど頭の中から溶け出てしまっているのが常だ(笑)

という訳で何も身についていないし、難しいことはいまだによく分からないのだけど、こんなにいい気分になれるのはワインが健全なコンデションで提供されるからだと分かってきた ^^;

ワインが健全かどうかはワインを輸入するインポーターに左右される。そこでやっと本題に入るのだが、美味しいワインを手にいれるにはどこのインポーターが輸入しているのかということを知ることも重要になる。

ワインはよく農産物と言われるが、我々の手元に届くまでに劣化することなく採れたての瑞々しさを保っているかが問われることになる。

このことについて具体的におすすめインポーターを挙げ、その会社のポリシーとどんなワインを得意としているのか、また、どこのお店で入手することができるのかなどを書いているのが冒頭の写真にあった「おいしいワインはインポータで選ぶ!」(池田書店)という本。

しかし、ほとんどのインポーターは直接我々にワインを売ることはできないので必ずどこかの酒販店を経由する。つまり私たちにとっては信頼できるワインショップを知っていることが大切ということにもなる (^^)

インポーターのホームページへ行くとそこのワインを扱っている酒屋さんの一覧が出ている場合もあるのでそういうところから辿って行くと色々な発見があると思う。

例えばこの本に出ていたインポーターが紹介している酒販店(Web店)にワインホリック(http://www.wineholic.info/site/importer/importerselection.html)というお店があるのだけど、ここのブログは面白くてタメになるのでおススメだ。一度覗いてみてはいかがだろうか?
https://wineholic-honten.amebaownd.com/pages/588648/blog

もちろん、ここに紹介した本が全てではない。良心的なインポーターはもっと沢山あるのだけど、本のような限られた紙面で全てを網羅することはできない。

どこでおススメするのは、気に入ったワインに巡り会えた時には、ボトルの裏ラベルを見て何という会社が輸入したのかを確認すること。

何回か同じインポーターに当たるようだったら、そこが取り扱うワインが好みに合っているということだ。それが分かればあとは簡単。その会社の扱うワインを色々と飲んで試すだけ。

気に入ったものはメモして、そうでないものは忘れる(笑)それを繰り返していれば、自分のお気に入りが次第に明確になって行く。

今度、ワインを飲む時は是非裏のラベルに目を通していただきたい。これからワインを飲む時にヒントになると思う (^^)

インポーター特集_リアルワインガイド
▲リアルワインガイドという雑誌に昨年、インポーター特集2として「より優良なインポーターはどこだ」という記事が出たのだが、これはその号の写真。優良なインポーターだけでなく、ダメなインポーターのワースト10についても書いてあったのでビックリした(笑)
スポンサーサイト


| 23:06:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad