FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

新しいオーブンでグラタンを焼くクリスマスイヴ
新オーブンの使い始め

メーカーも色も違う新しいオーブンレンジ。いつ壊れてもおかしくない危うい状態だったので思い切って新調したというのが前回のお話し

これまでとは使い勝手が違って戸惑うことも多い が、家長の目的はオーブン機能。こんがりと焦げ目がつくのが気になるところ。

とのかく試さなきゃいけないのだけど、いったい何を作ろう‥ と考えているとこのクリスマスイヴは久々に娘が帰ってくると言う。しかもリガトーニのグラタンが食べたいと。

それならばとあっという間にメニューが決まる。挽肉のラグー(ミートソース)は多めに作って冷凍しているものがあるので、玉ねぎときのこ(シメジとマッシュルーム)と生クリームを揃えればいい。あと、粉チーズも。

レシピは前に書いた通りだが、今回は以下のようにそれぞれの量を少し変えてある。しめじを増やしてミートソースを減らし、モッツァレラチーズをちぎって表面にまんべんなく散らしてみた。

リガトーニ(ミッレリーゲ)・・・・・・・・・・200 g
タマネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
しめじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2パック
マッシュルーム・・・・・・・・・・・・・・・・1パック(5~10個ぐらい)
生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・100 cc
ミートソース(牛、豚、合挽きを問わない)・・・300~400 g
モッツァレラチーズ・・・・・・・・・・・・・・100 g
パルメザンチーズ・・・・・・・・・・・・・・・大さじ10ぐらい
塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・・適当

グラタン皿にこんもりと材料を敷き詰めて準備が整ったら、オーブンを予熱有り設定にして180℃にセット。焼き時間は25分にした。

温度が上がるまでに間に洗い物をしてキッチンを片付けておく。180℃になったらピピピと音がなって知らせてくれたので、グラタンを入れてドアを閉め、家長はお風呂へ。25分はお風呂へ入って出て来るまでの時間だった ^^;

風呂から出ると既に焼き時間は過ぎており、表面はこんがりときれいな焼き色が付いていた。久々に作ったリガトーニのグラタンだが、きのこの量を多くしたせいかとても美味しくなっていた。表面に散らしたモッツァレラチーズもクリーミーで美味しかった。

娘からは『これよ、これ、お父さんの味だよね〜』とちょっとくすぐったく嬉しい言葉をもらったのだった (^^)

リガトーニのグラタンは失敗しらずのご馳走料理。ぜひ一度作ってみてはいかがだろう。

テラス・ド・ギレム
▲今回はフランスはラングドック地域の赤ワインを合わせてみた。ムーランドガサックという生産者(会社)のテラス・ド・ギレムというシリーズのルージュ(赤)。ラングドックはボルドーやブルゴーニュのように有名ではないためか手頃なものが多い。このワインは1000円台前半のものだけど、すごく美味しいのでおすすめだ。

ミルクレープ
▲クリスマスということでちょっと遠出して街のケーキ屋さんまで行ってきた。フルーツが幾重にも重なっていてボリューム満点のミルクレープ。けっこうな大きさなのだけどしつこくない甘さなのでグラタンの後でもしっかりと食べきってしまった (^^)
スポンサーサイト


イタリアン | 23:57:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad