■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鶏のもも肉のカレー
カレーはいつどんな時にも誰にでも喜ばれる料理だ。献立に悩んだ時はカレーにすれば間違いない。“困ったときのカレー” と言うこともできる。

以前、キーマカレーのレシピを紹介した。あの時は インデアンカレーという不思議なカレー粉を使ったが、今回はスパイスを調合して作ってみた。

近所のスーパーで簡単に入手できるものばかりではないから、すぐに作ってみるのは難しいかも知れない。スパイスのところをカレー粉に置き換えれば問題ないのだが、一応、スパイスの入手法などを最後に記しておくので興味のあるお父さんは参考にして欲しい。

鶏もも肉のカレー

*** 準備 ***
材料(4人分):

鶏もも肉・・・・・・・・・・・・・・・2枚(500 g ぐらい)
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・大1個(中2個)

最初に油に香味付けするためのスパイス
唐辛子・・・・・・・・・・・・・・・・2本
シナモンスティック・・・・・・・・・・4-5cm
カルダモン・・・・・・・・・・・・・・4粒ぐらい

調理の途中で加えるスパイス
ターメリック・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
クミンパウダー・・・・・・・・・・・・・小さじ2
コリアンダーパウダー・・・・・・・・・・小さじ3
レッドペッパー(パウダー)・・・・・・・小さじ1/2-1

ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・2片
生姜・・・・・・・・・・・・・・・・・・ニンニクと同じくらいの大きさ
トマトの水煮缶・・・・・・・・・・・・・1缶(400 g)
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
小麦粉(薄力粉でも強力粉でもいい)・・・適当
ガラムマサラ・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
サラダオイル・・・・・・・・・・・・・・大さじ3

*** 調理の前に ***

もも肉は皮をとり除き、好きな大きさに切る(家長は5cm 角くらいだ)。塩、コショウを振りかけよく混ぜて5分以上置く。炒める前に軽く小麦粉をまぶす。

玉ねぎはみじん切りにしておく。

スパイスは料理の最初に使うものと途中で使うもの別に予め小皿にまとめて(ミックスして)準備しておく。
ニンニクと生姜もすり下ろして別の小皿にまとめておく。

トマトの水煮缶でホールトマトを使う場合は、中身をボウルなどの適当な容器に出して、手やフォークなどで潰しておく。カットトマト(ダイストマトとも言う)の場合はその必要はない。

*** 調理 ***

1.フライパンにサラダオイルを入れて火にかけ(中火)、サラサラになって少し熱が通ったと思ったところで唐辛子とカルダモン、シナモンステックを入れて炒める。

2.スパイスの香りが立ち、はじけてきたら玉ねぎを加えて茶色になるまで炒める。火は中火のまま。

3.クミン、コリアンダー、ターメリック、レッドペッパーを全体にまぶすように加え、1~2分炒めたら、別の深底鍋に移して火をつける。そこにニンニクと生姜と塩とトマトを加え強火にして沸騰したら、一旦火を止めるか弱火にして鶏のもも肉を入れるまで待つ。

4.空になったフライパンにサラダオイルをわずかにたらし、強火から中火で鶏肉を炒める。表面にこんがりとした焼き色が付いたら3の鍋に移す。

5.鶏肉がしっかり隠れるぐらいに水を入れ強火にする。沸騰したら弱火にして30分~1時間煮込む。

6.もう十分だろうという気がするくらい煮込んだら、ガラムマサラを加えてよく混ぜ、火をとめる。これで完成。

【 ひとこと、ふたこと 】

調理を始める前に、上記の “調理の前に” を全てやっておいた方がいい。火を使いながらスパイスや肉の準備をするのは結構面倒だ。スムーズにことを運ぶには下準備がとても大切。

家長は以前から興味があって代表的なスパイスは買い揃えているが、そうでなければこういうレシピは面倒なだけだ。そう感じたらスパイスはSB食品やインデアン食品、或いは他の会社のカレー粉で代用して欲しい。玉ねぎさえしっかり炒めてあれば失敗することはない。ただ、それらカレー粉の使用量に関しては各自で調べてやって欲しい。また、その場合、サラダオイルへの香味付けはしなくていい(と言うか、することが出来ない)。

スパイスの専門店はどこにでもある訳ではないが、まずはインターネットで調べてみて欲しい。意外と身近に見つけられるかも知れない。家長の場合は東京上野(アメ横)の大津屋というところを利用している。一度大きな単位で購入すれば割安な上にかなりの期間もつので、頻繁に行く必要がない。このお店、ネット販売もしているのでそれを利用すれば日本全国どこからでも購入することができる。興味のある人は一度覗いてみて欲しい。

また、よく知られているメーカーに ”GABAN” がある。あちこちで見かけると思うが、ここもネット販売をしている。

鶏肉を炒める時、小麦粉をまぶしておくのはカリッと焼けるし、僅かながらカレーにとろみを付ける役割も期待するからだ。しかし、どれだけ効果があるかは分らないので、面倒ならば付けないでいい。更に、炒めるのが面倒なら(炒めずに)そのまま鍋に入れてもいい。どうやっても美味しいので気楽な方法でやって欲しい。もも肉から皮を取り除くと書いたが、そうしなくても全く構わない。

もも肉から取り除いた場合、皮は捨てるのか?と疑問を持った人がいるかも知れないが、もったいないので家長は捨てない。塩こしょうをしてフライパンで焼く。カリカリに焼いた後、包丁で適当に切る(割る)とスナック菓子のようになる。これについてはまた改めて紹介する。

ガラムマサラは無ければ無くてもいい。


スポンサーサイト


カレー | 09:42:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad