FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

久々にヤリイカのペペロンチーノ
小ぶりのヤリイカ入りペペロンチーノ

なぜかここのところ忙しいと言う話をしたが、年末になったら一層ひどくなった (^^;; 土日も職場に行くことが増えた。

夕食はどうしようかな‥ と考えていると、妻からは「無理しなくてもいいよ」と言われるのだが、う〜ん何かそれもなぁと思い、「じゃあ、ちょっとしたものを」と作ることにする。

でも、実はこの『ちょっとしたもの』が難しい(笑)

『ちょっとしたもの=何でもいい』のだが、やはり、「美味しい!」と言ってもらえるようなものにしたいし、家長自身が作りたいものでないといけない。

悩んでいる時間はないのでとにかく買い物に行く。そうしたら小ぶりのヤリイカが一盛り300円台で並んでいるのが目についた。

そう言えば最近イカを料理してないなぁという思いが強くなり、久々にイカのパスタを作ることにした(ペペロンチーノで)。

前にもヤリイカのペペロンチーノのレシピを紹介したが、今回は変法だ。

ヤリイカは胴とゲソに分けて、胴からはエンペラを外して1~2センチ幅の輪切りにしておく。このイカリングは片栗粉をまぶして揚げるように炒めてとり出しておき、その後ゲソを投入して炒めて出汁をとり、こちらをパスタと絡めてからお皿に盛りイカリングを乗せるというもの。

久々のヤリイカのペペロンチーノだったが、妻には美味しい!と好評だった。素材が素材だから誰が作っても美味しいのだけど(笑)

忙しくても手間ひまかけずに美味しいものが作れてよかったのだが、ブログにアップするのに時間がかかってしまった ^^;  

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます。


*** 準備 ***

材料(2人分):

ヤリイカ(小)・・・・・・・・・・・4杯
パスタ(フェディリーニ)・・・・・・160 g

オリーブオイル・・・・・・・・・・・大さじ4(60 cc)
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・1かけ
赤唐辛子・・・・・・・・・・・・・・2本
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・1/4カップ(50 ml)

塩・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
カタクリ粉・・・・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

ヤリイカはワタをとって胴と足(ゲソ)を分離し、ゲソからはワタを取り除いておく。胴は1~2 ㎝ の輪切りにし、ゲソ、エンペラと一緒にまとめて全体に塩コショウをしておく。

*** 調理 ***

1. パスタをゆでるための鍋を火にかけてお湯を準備し始める。

2.フライパンに ニンニクと唐辛子のオイルソースを作る。火は弱火のままにしておく(一度火を止めても構わない)。

3.ヤリイカ(輪切りの方)にカタクリ粉を軽くまぶし、オイルソースに加え中~強火にする。フライパンを傾けてオイルをためて、その中で揚げように火を通す(オイルがはねるようならフタを使おう)。

4.全体の色が変わり火が通ったらイカだけを取り出す(イカをオイルごと金属性のザルにあけ、はやり金属製のボウルなどでオイルを受けてフライパンに戻せばいい)。

5.パスタをゆで始める。

6.ゆで始めと同時にフライパンを再び火にかけ(中火で)ゲソとエンペラを炒める。イカの色が変わったら白ワインを加えてアルコールを飛ばす。その後でパスタのゆで汁をレードル1杯分移し入れ揺らしながら乳化(水と油が分離せず馴染んだ状態)する。ソースが半分くらいにする。

7.ゆで上がったパスタのお湯を切り、6のフライパンへ移し入れ,トングと菜箸でスープをよく絡ませる。

8.パスタを皿に盛り、先に取り出しておいたヤリイカと唐辛子を乗せ食卓へ運ぶ。
スポンサーサイト
イタリアン | 07:17:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad