FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クレマン・ド・ブルゴーニュ:シャンパンにも負けないお手頃の発泡ワイン
前回、エールビールの話をしたが、今回も泡が心地よいお酒(ワイン)の話。

発泡ワインといえばシャンパーニュ地域で作られるシャンパンが有名だが、有名が故に高価で普段飲みというわ訳には行かない ^^;

でも、シャンパンって本当にそんなにありがたいのだろうか?

味には好みがあるので「美味しい!」と言う人もいれば「私はちょっと‥」と言う人もいる。

ただ、一つ重要なことがある。それは瓶内二次発酵という手間のかかる方法で作り続けられているということ。この製法でつくられる発泡ワインは泡がきめ細かいので繊細でエレガント、口当たりがいい。

それでも、酒屋の棚で値札を目にすると手に取ろうという気持ちは失せてしまう(笑)

そんな時には別の棚に置いてある(置いてあるかは酒屋さんによるのだけど)クレマン・ド・ブルゴーニュという発泡ワインを探してみることをおすすめする。

これは『ブルゴーニュ地域で作ったクレマン(発泡ワインの分類)』という名前なのだが、クレマンとは何か? シャンパンと同じ瓶内二次発酵で作られた発泡ワインだがシャンパーニュ地域以外で作られたものだ。

ということは、シャンパンのような繊細でエレガントな泡ワインを味わいたければ「クレマン」を選べばいいということになる。クレマンはフランスの色々な地域で作られているのでボルドーやロワール地域で作られればクレマン・ド・ボルドー、クレマン・ド・ロワール、アルザス地域だとクレマン・ダルザス(ド・アルザスがダルザスと変化している)だ。

そんなに色々とあるのに家長がクレマン・ド・ブルゴーニュをすすめるのは、使用するブドウの種類がシャンパンと似ているから。シャンパンに興味があるのであればクレマン・ド・ブルゴーニュがいい(と思う)。

デイリーワインにできるほど安くはないが、シャンパンほどは高くない。誕生日や記念日などの特別な日に家で開けるのにちょうどいいと思う。

もっとお手頃のものはないかという方には、スペインのカヴァ(Cava)という発泡ワインがおすすめだ。こちらもシャンパンと同じ瓶内二次発酵で作られるのだが、ブドウの種類がスペイン特有のものなので味わいはだいぶ異なる。

本当に味は好みなので、色々と試してみて気に入ったものがあればどこの国の何というワインだったかをメモしておくのがいい。何回かやっていると、自分の好みがある種類に落ち着くのが分かる。

でも、一番大切なのは飲む時の環境だとも思う。愛する人や気のおけない友だちと楽しくしゃべりながら口にすればどんな飲み物も美味しく飲むことができる。日々の生活にストレスを溜めないのが重要だろう。

そんな中でクレマン・ド・ブルゴーニュを開ければ更にいい気分になるのではないだろうか (^^)

カンパーイ!

クレマン・ド・ブルゴーニュ
▲これはシャトー・ド・ラヴェル(Chateau de la Valle)という生産者のクレマン・ド・ブルゴーニュ(Crémant de Bourgogne)。フィネスという会社が輸入している。
スポンサーサイト


ドリンク | 23:15:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad