FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

久々の秋刀魚でベッカフィーコ
2列で8個を巻く

最近の気候には閉口している。やっと秋らしくなったと思ったら真夏日が訪れて、ありゃー と思ったら急に12月の気温だとか‥ 家長は立派なおじさんだから身体がついて行かずに困ってします ^^;

食事もどんなものを作ればいいのか迷う日々が続く‥ そんな時にお客さんが来ることになったものだから、混乱に拍車がかかってしまった。最初に何を出せばいいだろう?オードブルの中でメインとなるものだ。

そんなにボリュームはないけれど食べればそれなりにお腹にたまって、温かいもの。しかも季節を感じられればもっといい。

そうだ、秋刀魚を使おう!と前に作ったベッカフィーコを思い出した。

魚の開きにナッツや干しぶどうが入ったパン粉を巻いてオーブンでこんがりと焼いたものだ。

秋刀魚1尾と言えばけっこうな量だが、魚屋さんで開きにしてもらうと(小骨まできれいに削ぎ落としてしまうので)少しコンパクトになる。オードブルとしてはちょうどいいサイズではないだろうか。

前回はクルクルっと巻いた秋刀魚をココット皿で焼いたのだが、今回は2列8尾をグラタン皿に詰め込んでみた(^^)

焼いている時に容器と秋刀魚、秋刀魚と秋刀魚がくっついてしまわないように、それらの間に玉ねぎのスライスやらローレルの葉を差し込んで区切るようにした。それから秋刀魚のロールに白ワインとオリーブオイルを少量垂らす。

これを200℃に温めておいたオーブンに入れて15分から20分くらい焼く。

とりだすとこんがりふっくらに仕上がっている。中に巻き込むミックスパン粉さえ準備していれば簡単に作ることができる(もちろん、オーブンは必要だが 笑)。

この料理が苦手という人はまずいないと思う。誰もがこの形に興味を持ち、具と脂の乗った青魚の身のとりあわせに思わず舌鼓を打ってしまう、そんな料理だ。

ちょっと肌寒いと感じる日に焼きたてのベッカフィーコを出してみてはいかがだろう。レシピは前に書いたイワシのベッカフィーコを見て欲しい。そのイワシの開きを秋刀魚の開きに変えるだけだ。

ぜひ一度!

オーブンでこんがり焼きあがったベッカフィーコ
スポンサーサイト


イタリアン | 22:00:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad