■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

シェーラ・ソーシッスで作る豚挽肉とブロッコリーのコンキリエ
豚挽肉とブロッコリーのコンキリエの完成

前回、ソーセージの中身を腸詰にせずパウンド型で焼いたフライシュ・ケーゼについて紹介した。

その 「ソーゼージの中身」 で思い出したのだが、何度か記事にしたブロッコリーと挽肉のコンキリエは元々生ソーセージをちぎって使うというレシピだった。

ところが、生ソーセージを売っているところが見つからない。それで代わりに適当に塩コショウをした引き引くを使っていたのだが、フライシュ・ケーゼの材料が生ソーセージそのものだった。

そこで、今回、このソーセージの中身(フランス語で『シェーラ・ソーシッス』と言うのだそうだ)を使って豚挽肉とブロッコリーのコンキリエを作ってみたので紹介する。

*** 準備 ***
材料(4人分):

シェーラ・ソーシッスの材料

豚挽肉・・・・・・・・・・・・・・・・300 g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・8g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・5g
黒コショウ(粉)・・・・・・・・・・・適当(1g前後)

ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・1片
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・少々
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・50 cc

ブロッコリー・・・・・・・・・・・・・1コ

パスタ(コンキリエ)・・・・・・・・・300 g

*** 調理の前に ***

シェーラ・ソーシッスを作る:

⒈ 塩と砂糖を計ったら適当な容器に入れ、水100 mlを加えて良く溶かしておく。調理を始める少し前に(冷蔵庫の製氷機でつくられる)氷を二つくらい入れてかき混ぜ冷水にするが氷は完全に溶けなくていい。

⒉ ボウルに挽肉を入れて木べらなどで軽く混ぜたら、1の塩と砂糖を溶かした冷水を加えて全体をよく混ぜる。

⒊ しばらくすると水がなくなり全体に粘り気が出てくるので、コショウを振りながら全体に行き渡るように混ぜる。

ブロッコリーは小房に切り分けておく。

ニンニクは木べらや包丁の腹で押さえて潰しておく

*** 調理 ***

1.鍋に3~4リットルの水を入れ沸かし始める(パスタとブロッコリーを茹でるためのもの)。

⒉ お湯が沸いたら1%強の濃度になるように塩を加える。

シェーラ・ソーシッスをフライパンに敷く
⒊ フライパンに少量のオリーブオイルを垂らしでキッチンペーパーなどで全体にのばしたら、その上に前処理して味付けした挽肉(シェーラ・ソーシッス)を敷き詰めて火を点ける。

火を入れたらヘラで格子状に分断する
⒋ 脂が溶け出したシェーラ・ソーシッスを木べら(或いはフライ返し)を使って格子状に分断して行く。全体に熱が通ったら、白ワインを加えて強火にしアルコールを飛ばしたら一旦火を消して待つ。

⒌ パスタ(コンキリエ)をゆで始める。袋に表示した時間の通り(12分ぐらい)だが、5分を過ぎた頃にブロッコリーを投入し、パスタを一緒にゆでる。

茹でたブロッコリーを加えて混ぜる
⒍ 数分したらブロッコリーを網じゃくしですくって3のフライパンに加え、再び火を点けてブロッコリーと挽肉の塊をよく混ぜながら炒める。

⒎ 茹で上がったコンキリエのお湯を切り、5のフライパンに投入してよく和える。

⒏ 火を止めてお皿に盛ったら完成!

久々にこの料理を口にしたが、とても美味しかった (^^) 以前の適当に塩コショウした挽肉を使ったものとどれだけ味が違っているかはよく分からなかったが、シェーラ・ソーシッスという名前の下に調理したらなんとなく有難い気分になった(笑) 皆さんも是非作ってみてはいかがだろう。前に書いたレシピも参考にしていただけると思う。




スポンサーサイト
イタリアン | 23:27:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad