■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フライシュ・ケーゼ
今回は久々にシャルキュトリー(ハムやソーセージ、パテ、テリーヌなど食肉加工品の総称)。

フライシュ・ケーゼというソーセージの材料を腸詰めせずに、パウンドケーキ型で焼いたものを作ってみた。ネット検索すると「ドイツ版ミートローフ」などと紹介されている。

これまでに作ってきたパテとの違いは豚挽肉だけを使い、レバー生クリーム、卵などは加えないところ。塩と砂糖と胡椒と水で練って焼くのだけど、湯煎焼きにせず、普通に焼くだけだ。

ソーセージ好きの家長は、『え〜 なにコレ?簡単そう!』と思えたので試してみたのだった (^^)

焼きあがったフライシュケーゼ
▲焼きあがったフライシュ・ケーゼ。粗熱がとれ、パウンド型から出したところ。

切り分けたフライシュケーゼ
▲1/8に切り分けたフライシュ・ケーゼ。今回はひよこ豆を混ぜて焼いた。

前に紹介したパテと違って、焼きあがって間もないものを熱いうちに食べるのがオススメだ。冷えていても美味しいが、適当な厚さに切ったものの表面を焼いて食べたりもするらしい。サンドイッチの具にすればお弁当にもちょうどいい。

妻にはパテよりもずっと評判がいい。皆さんもぜひ一度作ってみてはいかがだろう (^^)

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 準備 ***
材料(18 x 8 x 6 cm のガラス製パウンドケーキ型1個ぶん)

豚赤身の挽肉・・・・・・・・・・・・250 g
餃子用豚挽肉・・・・・・・・・・・・250 g
ひよこ豆(缶詰)・・・・・・・・・・100 g

塩・・・・・・・・・・・・・・・・・8 g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・5 g
黒コショウ(粉)・・・・・・・・・・1~2 g
冷水・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ(100 ml)

粗挽き黒コショウ・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

塩と砂糖を計ったら適当な容器に入れ、水100 mlを加えて良く溶かしておく。調理を始める少し前に(冷蔵庫の製氷機でつくられる)氷を二つくらい入れてかき混ぜ冷水にするが氷は完全に溶けなくていい。

ひよこ豆はザルなどで水分をできるだけ切っておく。

*** 調理 ***

⒈ ボウルに挽肉を入れて木べらなどで軽く混ぜたら、塩と砂糖を溶かした冷水を加えて全体をよく混ぜる。

⒉ しばらくすると水がなくなり全体に粘り気が出てくるので、コショウ(粉)を振りながら全体に行き渡るように混ぜる。

型に詰めて粗挽き胡椒を振る
⒊ クッキングシートを敷いたパウンド型に2の挽肉を詰め(左の写真)、その上に粗挽き黒コショウをまんべんなく散らす(右の写真)。

⒋ 予熱で180℃に温めておいたオーブンに入れ、60分ぐらい焼く(容器の大きさやオーブンの性能で焼き時間は変わります)。

⒌ 時間が来たら一旦取り出して、中心の温度が80℃以上になっていれば出来上がり。そのまま放置する。

⒍ 粗熱がとれたらパウンド型から出して切り分け、食卓へ。

【 コメント 】

冷水にするために使った氷が溶けきれなくてもいいと書いたが、その場合は氷もろとも挽肉に加え、氷が溶けるまで混ぜつずける。挽肉が十分に混ざっているのに氷が溶け切っていない場合は、とり除いて次にステップへ進む。

焼き時間は容器の種類やオーブンの性能によって変わるので、適宜調整する必要がある。60分というのはあくまでも目安です。

家長は焼き上がりの確認を先が尖っているデジタル温度計を突き刺して計っているが、テキストによっては金串を中心まで突き刺して数秒おいた後に抜いて唇に当て、熱い!と感じたらOKと書いているものもある。

フライシュ・ケーゼが焼きあがると、肉が縮みパウンド型の中に肉汁が染み出している。これを捨てるのはもったいないので家長は回収して冷凍保存した。何に使うかはゆっくり考えることにする。
スポンサーサイト
ドイツ料理 | 13:41:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad