■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

パテの残りでレバーの炒め煮を作る
余すところなく作る

ここのところ、豚肉のパテばかり作っている家長だが、レシピに忠実に作ろうとすれば、使い切らない材料が出てしまう。

例えば、7 cm x 18 cm x 5.5 cm のパウンドケーキ型1個ぶんのパテを作ろうとすると、玉ねぎは100グラムで、鶏レバーも100グラムを使う。

玉ねぎ100グラムと言うと大きめの玉ねぎなら1/3程度なので、半分以上が残ってしまう。また、鶏レバーを買うと必ず心臓も一緒だ。なのでレバーを正味100グラム使おうを思えば多めに入ったパックを買わねばならず、結果的に心臓とそこそこのレバーが余ってしまう。

豚肉のパテがうまく出来上がっても、食材を少なからず余らせてしまうのではよろしくない。どうしようかと考えた末に、レバーと砂肝の炒め煮を思い出した。

砂肝は無いので、心臓とレバーのみでテキトーに作ることにした。

作り方は簡単。

⒈ まず、パテ作りで余ってしまった玉ねぎ2/3個(約200 g)を繊維方向に薄切りにして、オリーブオイルで炒める。潰したニンニクと種を除いた唐辛子1本も最初から一緒に入れておく。

⒉ 玉ねぎは薄いきつね色になったら、鶏の心臓とレバーを加えて火を通す(冒頭の写真)。

⒊ 白ワインを適当量(50 mlぐらい)加えたら強火にしてアルコール分を飛ばす。

⒋ そこにブイヨン(固形ブイヨンを溶かしたたもの)を200~300 ml 加え、煮詰めたら出来上がり。

バケットに乗せるも良し、クラかーにつけて食べるも良し、パテを作るともれなく付いてくるサイドメニューでした (^^)

レバー炒めをパンに乗せる
▲食べ過ぎてしまうので、バケットは薄く切って出すのがオススメ(笑)

レバー炒めをクラッカーに乗せる
▲『チーズ用』と書いてあったクラッカーに乗せてみたが、美味しかった (^^) 後ろはクリームチーズを乗せたもの。
スポンサーサイト


イタリアン | 21:33:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad