■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

うん十年ぶりに一人で過ごす
この連休、思いもがけずひとりで二日間を過ごすことになった。

家を離れた娘のもとを妻が訪ねることになったからなのだが、家長はその日の午前中に出勤せねばならない事情があり、二人で訪問とはならなかった ^^;

それはともかく、よーく考えてみると、家で一人で過ごすというのは二十数年ぶりのこと!ワクワク感がないではないが、いったいどう過ごしたものかと少し戸惑う‥

そうだ、映画を見よう!と思い立ちDVDを4本レンタルしてきた (^^)

借りたのは『アメリカン・スナイパー』と『ハドソン川の奇跡』、そして『シン・ゴジラ』に『顔のないヒトラーたち』だ。1日に2本を観る算段だ。

初日は昼食をとる暇がなかったので贔屓のパン屋でピッツア(商品に “ピザ” でなく “ピッツア” と書いてある)を1ピース買って来て、コーヒーを淹れ、準備万端整えてから1本目を見始めた。

映画は昨年の話題作ばかりなので内容については言及しないが、何とピッツアの美味しいことか!

もちろん美味しいから買って来たのだが、久々のひとりの時間に映画を見るというワクワク感がより美味しく感じさせたに違いない。

これに味をしめて、翌日のお昼も同じパン屋に行き違うピッツアを買ってきて3本目を観たのだった (^^)

旅行はできなかったけれど、何かとても贅沢な時を過ごしたように思えて満足した。

それから、ひとつ分かったのが、一人っきりになってしまうと美味しい料理を作ろうという気にはならないということ。誰かに喜んでもらえると思うからキッチンに立つのだと分かった。正にこのブログのタイトルそのものだ。

家長は既に人生の折り返し地点を通過して久しい。これから色々と生活が変わってゆくのだろうなぁ‥ と感じさせられもした連休だった。

玉ねぎとベーコンのピッツア
▲初日に食べた玉ねぎとベーコンのピッツア1ピース(10x15 cmぐらい)。これ一枚で200円台後半の値段なのだが、お腹いっぱいになる。ちなみにこの時観たのは『アメリカン・スナイパー』だった。

春キャベツとサーモンのピッツア
▲二日目に食べた春キャベツとサーモンのピッツアで300円くらい。この時に3本目の映画『ハドソン川の奇跡』を観た。いい映画をみた!と満足感で満たされた (^^)
スポンサーサイト


その他 | 17:42:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad