■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

使い勝手のいい冷凍餃子
妻と二人きりの生活になると、家の外でけっこう楽しいひとときを過ごすことができる。

子供たちが居たときのように、何時まで帰って夕食を用意しなきゃなんてことを考える必要がなくなるのだ (まあ、しかし、そのお陰で料理する楽しさや張り合いがあったのだが ^^;)

街にでかけて行って本屋へ寄ったり買い物をしたりするだけで、あっという間に時間は過ぎるもので、『あっ、夕食はどうしよう』なんてことになったりする。

そんな時に便利なのが冷凍餃子だ。

以前、手作り餃子の記事に餡があまれば冷凍保存しておけばいいと書いたのだが、餃子の皮に包んだ後で冷凍しておくのもいい。

解凍する必要がなく、すぐに火を入れられるのでとても便利。おすすめだ。

調理法を記しておくので、興味が湧いた方は是非お試しを!(^^)

水から煮る
⒈ 冷凍保存していた餃子を冷凍庫から取り出し少し隙間をつくるようにフライパンの上におく(テフロン加工のフライパンでなければ油は引いておいた方がいい)

⒉ 餃子の半分以上が浸るくらいに水を加えたら強火にし、水が沸騰してきたらフタをする。

⒊ 水分がほとんど無くなったところで全体にサラダ油を回しかけ、焼き目ができるくらいに(1分くらい)焼いたら完成。フライ返しなどを使って餃子をフライパンから剥がし、お皿に盛れば美味しい焼き餃子の出来上がり。

出来上がり
▲焼き餃子というのは実は焼いているわけではない。実態は茹で餃子で、最後に焼き目をつけるだけ。それが理解できると餃子を焼くのに失敗しなくなる。
スポンサーサイト


中華 | 22:43:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad