■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

混ぜて溶かして和えるだけ:コンテチーズとクリームのペンネ
コンテチーズとクリームのペンネ

コンテチーズをご存知だろうか?

フランスのフランシュ・コンテ地方で作られるハードタイプの熟成チーズだ。

家長にはいったいそれがどこなのかも分からないのだが、フランスワインによく合うと聞いていたので覚えていた。と言うか、買っておいた。

確かに、おおよそどんなワインとも相性がいいのだが、ワインが無くてもバケットに乗せてトースターで焼いてもいいし、削って料理に加えても美味しい。

残りが60グラムぐらいになった頃に、お菓子作りで脂肪分47%の生クリームが半カップ(100 ml)余るということが重なったので、このチーズを生クリームに溶かし込んでペンネに和えてみようという気になった。

そうと決まれば、調理はあっという間。

フライパンに生クリームとさいの目に切ったチーズを入れて熱し、沸騰しかけたら弱火にしてチーズをしっかりと溶かせばソースは完成だ。弱火にしたままでそこに茹で上げてお湯を切ったペンネを加え、フライパンを細かく揺すりながらよ〜く絡める。

即興で作ったので、彩りも何もなし^^; 気にせずお皿に盛って食卓へ運んだ。

とてもシンプルな一品だが、旨味豊かで何と美味しいことか!家内からも絶賛された。

ゴルゴンゾーラを使っても美味しいのだけど、青カビチーズ特有の刺激臭が苦手な方や、小さなお子さんが居る場合にはコンテチーズの方がいいかもしれない。

ペンネの場合、1人当たり80グラムで計算すれば十分だ。また、アルデンテなどと茹で方にあまりこだわらないでいい(しっかりと茹でていい)。

レシピはあってないようなもの。混ぜて溶かして和えたら完成(笑)失敗のしようがないので、是非一度作ってみてもらいたい。

そうそう、塩分はペンネを茹でるときのお湯と、コンテチーズから得られるので特に加える必要がない。それでも、今ひとつという方はお好みで調整してください。
スポンサーサイト


イタリアン | 23:08:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こ、これなら出来そうです!! (^o^)

2017-02-23 木 21:31:32 | URL | アキラ [編集]
アキラさん、出来ますとも!!(^^)
2017-02-23 木 22:02:02 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad