■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

低温調理,鶏むね肉のロースト
鶏胸肉の低温ロースト

食欲の秋とはよく言ったもので、最近、家長は食欲旺盛だ。

まあ、しかし、秋だからと済ませるわけにはいかない。やはりヘルシーな食生活を送るにこしたことはない。

ということで、今回は鶏むね肉のローストを紹介する。ローストと言ってもオーブンや蒸し器は使わず、お湯で調理する。

とても簡単だがジューシーに仕上がるのでお勧めだ。妻も『美味しいね!』と言ってとても気に入ったようだった。

皆さんも是非一度トライしてみて欲しい(^^)

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 準備 ***

材料(2人分):

鶏むね肉・・・・・・1枚
塩コショウ・・・・・適当(家長はクレージーソルトを使った)

*** 調理の前に***

胸肉は皮を剥いで、表面にたっぷりのクレージーソルトを擦り込むように塗ってからジップロックに入れ封をした。ビニールと肉が密着するようにできる限り空気を抜いてからジッパーを閉める。

*** 調理***

⒈ 大きめの鍋に水をできるだけ多く入れ、火にかける。
(家長は大きめの寸胴に4リットルの水を入れて火にかけた)

⒉ 沸騰したら、火を止め、すぐにビニールに入れた鶏むね肉を入れる。
(肉は塩コショウをしてすぐに使える。特に時間をおく必要はない)

⒊ お湯の温度が、手を入れても熱くないほどに下がったらビニールを引き上げる

⒋ 鶏肉を取り出したら適当な厚さの輪切りにして、お皿に盛りつけたら完成。
(特に輪切りにする必要はないので、切り方はお好みで。それから、今回家長は、剥いだ皮をせんべいにして崩したものをトッピングに使った)

お湯に浸けて熱を通す

【 ひとこと、ふたこと 】

鶏むね肉は常温に戻してから調理した方がいい。肉が冷えていると、お湯に入れた後に温度が早く下がってしまうので、そういう場合は一旦肉を取り出してからまた鍋の水を沸騰させて止め、再び肉を入れてお湯が冷めるのを待つといい。

大きな鍋がない場合も同じで、何回か繰り返すことで中まで熱を通すようにする。お湯が冷え難いように鍋には蓋をしておくといい。
スポンサーサイト
イタリアン | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad