■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

手作り餃子に挑戦
手作り水餃子
▲水餃子

先週末のこと、本屋でいつものようにイタリアンのレシピ本コーナーへ足を運んだのだが、うっかり通路を間違えて中華料理の書架へ行ってしまった。

目の前に現れたのは3冊の餃子本。今、売り出し中らしい。手にとってめくってみると、家長の好奇心をくすぐるようなものばかり。つい、その中の『本日も餃子日和。』(橘田いずみ著)という本を買ってしまった(^^)

最近、水餃子を作ってみたいと思っていたのでちょうどいいタイミングだった。しかも、基本的ににんにくを入れないレシピなので家内にもぴったりだ。

さっそく作ってみたのだが、まあ何と美味しいことか。小麦粉から練って作った皮がこんなにもちもちして美味しいとは!

同じ餃子を焼き餃子にしてみたのだが、これもまた美味しかった!ゆでても良し、焼いても良しでもうお腹いっぱい。

しかし、慣れないので作り上げるまでにけっこうな時間を費やしてしまった。皮もきれいには作れない。あっと驚く雲形だ(笑)

これからしばらくは餃子作りを繰り返して皮作りの技術を向上させ、また、所要時間を短縮できるよう頑張ってみたいと思う。

茹でても良し、焼いても良しの手作り餃子。これこそ「妻と娘(息子でもいいけど)がよろこぶ」料理。是非試されることをお勧めする。

手作り焼き餃子
▲冒頭の写真と同じ餃子を焼き餃子にしたもの

“続きを読む” をクリックすると餃子の餡作りのレシピが見られます。


餃子の餡の作り方

【 材料(餃子25~30個ぶん)】

豚挽肉・・・・・・・・・・・・200 g
醤油・・・・・・・・・・・・・大さじ1
料理酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
鶏ガラスープ(顆粒)・・・・・小さじ1
砂糖・・・・・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・・・・少々(ひとつまみ)
黒コショウ・・・・・・・・・・少々(適当)
青ネギと生姜の絞り汁・・・・・100 ml(1/2カップ)

橘田さんの餡作りでユニークなのは青ネギと生姜の青汁を作り、これを餡作りで加えること。そこでまずはそちらから。

青ネギを潰す
⒈ 青ネギ40 gを適当に切ったら、ボウルに入れすりこぎや綿棒などで叩くようにして潰して行く。

おろし生姜を加える
⒉ 生姜20 gをすり下ろして潰した青ネギのボウルに加える。

⒊ 水1/2カップ(100 ml)を2のボウルに加えたらよく手で揉む。

青ネギと生姜の絞り汁
⒋ 3を絞って金網のザルなどで濾して青汁だけを集め、これを餡作りに使う。

豚挽肉の餡
⒌ 上記の材料に書いてあるものを(青汁も)合わせてよく練った後、冷蔵庫で最低30分くらい置いてから餃子の皮に包む。

これで基本の餡が出来上がったが、ここに(前に紹介したように)粗みじんに切ったニラやキャベツなどを加えて構わない。餃子 ~30個ぶんと書いたが、そこは適当。余れば凍らせて保存しておけばいい。
スポンサーサイト
中華 | 00:22:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad