■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

暑いけどラザニア
オーブンの中のラザニア
▲オーブン内でいい色に焼けてゆくラザニア。熱くて暑い‥

いつの間に夏になったの? というくらい暑い日が続いてますが、ラザニアを作ることに‥

先日の連休で娘が帰ってくるというので「何が食べたい?」と訊いたら「ラザニア!」と。

「それはちょっと(作る方が)暑いんじゃない?」と言うと「全然気にしないよ」と噛み合わない。

まぁ いっか!と作りましたとも、熱々のラザニアを(笑)

ただ、せっかくだからいつもとはちょっと違うことをしてみようと、今回はミートソースを鶏むねの挽肉で作ってみました(先日のブルゴーニュの白ワインが鶏肉に合うという話をを思い出したので)。

ラザニアのレシピは前に書いた通りなのでミートソース作りのところだけご紹介します。

鶏むね肉のミートソース
▲鍋で作ったミートソースをフライパンに移したところ。この方がラザニアを組み立てるときにとり易い

【 材料(4人分)】

鶏むね肉の挽肉・・・・・・・・・・・・・・・・500 g
トマトの水煮(ホールトマトなら潰しておく)・・2缶(800 g)
白ワイン(料理用などの安いものでいい)・・・・1/2〜1カップ
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(30 gぐらい)
ニンニク(潰しておく)・・・・・・・・・・・・1かけ
味噌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

*** 調理 ***

⒈ 適当な大きさ鍋にバターを入れ中火で溶かしたら、鶏挽肉を入れて炒める。鶏むね挽肉はうかうかしていると繋がってしまうので木べらなどで切りながら崩すようにして炒める。

⒉ 全体の色が変わったら、白ワインを加えて強火にし、アルコールを飛ばす。

⒊ 水分が半分以下になったら、トマトの水煮を加え、ニンニクと味噌を加えて煮込む。

⒋ 水分がほとんど無くなるくらいまで煮詰めたら出来上がり。

あとは、ホワイトソースを作り、アラザニア生地の上にホワイトソースとミートソースを広げ、モッツァレラチーズを乗せたら粉チーズを散らす。これを繰り返して行けば準備完了!オーブンに入れ200度で30分くらい焼く。

ラザニア6段重ね
▲6段重ねの最上部のトッピングが終わり完成したところ

オリーブオイルを全く使わないで作ってみたラザニア。バターと鶏肉できっとブルゴーニュの白ワインと合うのだろうけど、肝心のワインがありませんでした(笑)

今回はソフリットなどは使わずに味噌の旨味を使ってみましたが、けっこういい味になってました。色々試すのも楽しいですね(^^)
スポンサーサイト


イタリアン | 09:21:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad