■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

練習その1:鶏もも肉のクリーム煮
練習の鶏もも肉のクリーム煮

三年ぶりに『押入れのワインを開ける会』を開くことになった。

正確には『押入れの床下に移したワインを開ける会』だ。押入れの中でも最近の夏はかなり温度が上がると分かってその床下へ移したのだった ^^;

今回は最近試飲会の雰囲気に飲まれて(飲みに行ったのに)つい買ってしまったフランスはブルゴーニュの白ワインを開けることにしたのだが、専門家が言うにはブルゴーニュワインはオリーブオイルと合わないらしい。

バターと相性が良く、食材は鶏肉や白身魚や帆立貝など。これをクリームを使った料理にするのもいいのだとか‥ それで、前にも紹介した鶏もも肉のクリーム煮をメイン料理とすることにした。

決めたのはいいが、ここ2年も作っていない。練習のため、今回、鶏もも肉のクリーム煮を作ることにした。自分のブログ記事を見ながら作ったのだが何か不思議な気分だった(笑)

なので、詳しくは前に書いたレシピを見て欲しい。

一応、かいつまんで紹介する。

もも肉を焼いて余分な油を除く
▲鶏もも肉は一枚を3〜4つに切り分け、両面に塩コショウをする。特に時間は置かなくていいので、フライパンに10グラムくらいのバターを入れて溶かしたら皮のついている方を下にして入れ、熱して油を溶かすように焼いて行く。

脂が増えてきたと思ったらフライパンを斜めにして脂を集めキッチンペーパーで吸い取る。皮がいい感じに焼けてきたらしばらくしてひっくり返す。

裏にも適当に火が通ったら、鶏肉を別の鍋に移す。

炒めたきのこと混ぜる
▲同じフライパンでキノコを炒め、鶏肉の鍋に加えて更に少し炒める。

生クリームと牛乳を加える
▲生クリームと牛乳、潰したニンニクをひとかけ加えて液量が 2/3 ~ 1/2 になったら出来上がり。お皿に盛って食卓へ。

彩に何か緑のものをと思ったが、イタリアンパセリなどは無かったのでワケギを切ってパラパラとふりかけた。

けっこう美味しく出来上がって妻にも好評だった。

この他に何を作ろうかと考えたのだが、バターたっぷりでクリームも使っているということで、帆立貝のキッシュも作ることにした。それはまた次回に(^^)
スポンサーサイト


その他 | 23:11:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
美味しかったです〜、ご馳走さまでした。 (^o^)

そうか、キッシュもか!と それでハタと気がつきましたけど、やっぱりワインとの相性バッチリでしたよ!
2016-03-31 木 22:00:31 | URL | アキラ [編集]
アキラさん、美味しいと思っていただけて良かったです (^^)

キッシュのパイ皮には結構な量のバターが練りこまれていますからいいんですよね、きっと。具にはチーズをちぎって入れただけというキッシュもありますから、そういうのもブルゴーニュワインと合いそうですね♪
いろいろ試してみたいですが、そうするとワインも買わないといけなくなってしまいます ^^;
2016-04-01 金 21:52:35 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad