■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スモークベーコンときのこのペペロンチーノ
スモークベーコンときのこのパスタ

いまさらながら、ベーコンってこんなに美味しいんだ!と思う。

と言うのは、昨年末に送っていただいたベーコンの塊のことなのだが、スモークが香るのもいい。

1キロはあろうかという分厚い瓦のような塊なので、惜しげもなく端の方から切り取っては使っている。

今回、土曜日のお昼にこのベーコンときのこを使ってペペロンチーノを作ってみたのだが、すっごく美味しい!と妻に絶賛されたのでご紹介を (^^)

ベーコンはひとり大体80グラムぐらい。これを少し大きめに切っておく(今回家長は細いのと平たいのとの2種類の切り方をした)。

きのこは、エリンギとシメジを1パックずつと小さな椎茸を6本くらい。エリンギは輪切りに、シメジは石付きをとってバラバラにし、椎茸は厚めのスライスにした。

きのことベーコンを用意する

フライパンに少量のオリーブオイルを垂らしてベーコンと潰したニンニクを置き、火を点けたら弱中火で熱して炒める(このとき同時にパスタをゆでるお湯を沸かし始める。パスタは直径1.4ミリ〜1.6ミリのロングパスタ)。

脂が溶け出してベーコンにも焼き色が付いたら、ニンニクを除き、白ワインを適当に(50 mlぐらい)を加え、強火にして揺すりながらアルコール分を飛ばす。

ベーコンを炒める

アルコールが飛んだと思ったら、再び弱中火にし、きのこを加えてベーコンと一緒に炒める。

きのこ全体に火が通り、しんなりしてきたらパスタを和えることができるが、パスタがゆで上がる前であれば火を止めて待つ。或いは少し待てばいいのであれば弱火にして待つ。

きのこを炒める

パスタがゆで上がったらお湯を切って、フライパンへ加え揺すりながら具と和え(難しければトングと菜箸を使って和える)、お皿に盛り付ける。

彩にイタリアンパセリなどを置いて完成(乾燥パセリを混ぜてもいいし、無ければ無いでもいい)。

よく考えてみたら、今回の具は4人でもいける量。それを二人で食べたのだから贅沢だったかなぁと思う。たこ焼きを1舟、1人で食べるようなものと言えばいいだろうか。まあ、でも、たまにこういうことがあってもいい(^^)
スポンサーサイト


イタリアン | 00:03:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ベーコン美味しそう。ベーコンが違うだけでごちそうですよね。私は、都内の東の方に住んでいるので、美味しいベーコンはデパートではなく直売所で買います。台東区の太田ハムです。ベーコンは1キロ買って冷凍しています。もし近くにに行くようならオススメです。
2016-03-14 月 09:31:05 | URL | まゆ [編集]
まゆさん、コメントありがとうございます。
そうですね、ベーコンにも色々ありますよね。一度美味しいのを食べてしまうと元に戻れなくなってしまいます ^^;
台東区の太田ハムですか、1キロ買ってしまうのですからいいお店なのでしょうね♪ 機会があれば是非行きたいです(メモしとかなきゃ)。
2016-03-14 月 20:46:32 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad