■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ラム肉の塊(後編)
ラム肩肉の塊

店員から目をそらすことができず蛇に睨まれたカエル状態だったのだが、耐えられなくなりついに「そ、それください」と発してしまった‥

最初は何かとんでもないことをしでかしたような気分だったが、それが段々とワクワクに変わって行き、帰宅した時には高揚していた。

さっそくキッチンでビニールの包みを取り除いたのだが、何とこの肉は(写真のような)見た通りの塊ではなかった。扁平なラムの肩の肉を丸めてパックしてあったのだ(汗)

ローストするにもステーキにするにも厚みが足りない。頭が真っ白になり高揚感が失望に変わって行く、「どうしよう、、」とその場に凍りついた。

異変に気付いた妻がいったいどうしたのかと心配そうに聞いてきたので、事情を話すと、得意のトマトの煮込みにしたらどうか?と助言される。

なるほど。何も形にこだわることはない。妻や娘たちが美味しい!と言ってくれるようなものにすることが大切だと思い直した。よし!と気合を入れてラムのトマト煮込みを作ることに(500グラムはロースト用に切り分けてストックした)。

ラムの肩肉は7~8センチ角(厚みは3~4センチ)ぐらいに切り分けて、塩コショウをして全面に焼き色をつけたら適当な大きさの厚手の鍋に入れ、潰したニンニク1かけと玄関先から摘んできたローズマリ3枝も加える。

ラム肉を炒める

ストレイナー (金網のザルでいい) などで裏ごししたトマトの水煮を2缶分(800グラム)と、玉ねぎ1個で作ったソフリットを加え、中火でひと煮立ちさせたらあとは弱火にしてグツグツ煮込んだ。

ラム肉を煮込む

1時間くらいして火を止めてから放置する。夜寝る前にもう一度沸騰させて10分くらい弱火で煮たら火を止めて放置。翌朝また同じことをした。厚手の鍋で保温性がいいせいかこうやって煮込むと肉がホロホロと崩れてしまうほど柔らかくなって行く。

ただし、焦げないように時々木べらで底を擦るようにか気混ぜる必要がある。肉の塊を壊したくない場合は注意が必要だ。

味付けは塩とコショウ。煮込むと味が濃くなるのではじめは少なめにしておいて様子を見ながら調味して行った。

出来上がってみればとても美味しいラム肩肉のトマト煮込みになっていた。おかげで妻や娘たちからは賛辞の嵐(笑)

今後はラム胸肉の塊を見たら迷うことなく「これください!」と言うだろう。ただ、もう少し小さくなりませんかね?
スポンサーサイト


その他 | 21:55:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おめでとうございます。今年も楽しみにしています。

やっぱり買っちゃいました?前編見たら、そうだと思いました。ラムは、クセがあるからキロ単位だと躊躇しちゃいますよね〜トマトとハーブで煮込むとラムのクセが気にならなくなるかもですね。あとは、ステーキかカレーくらいしか思いつきません。
残りのストックメニュー楽しみにしています。
2016-01-18 月 14:03:33 | URL | まゆ [編集]
まゆさん、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

そうなんですよ、買っちゃいました(汗) 仰るとおりで、あまり大きいと躊躇してしまいますね。キロを超えるとそこはもう別世界です(笑)

ニンニクと黒こしょうを加えるとラム独特の臭みも美味しさに変わって行くように思います。ローズマリーはお好みでしょうか?また是非機会をみつけて作りたいです。

切り取ってストックしたお肉は また、改めて (^^)
2016-01-18 月 22:55:02 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad