■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

久々にカルボナーラ
美味しい卵のカルボナーラ

前回、生まれて初めて6個300円もするような卵を買ってティラミスを作ったのだけど、卵の様子が違うのでもう一度買って来てカルボナーラを作ってみた。

基本的にレシピは前に紹介したものと同じなのでそちらを参照していただきたいのだが、今回は2点ほど変更したところがある。

1つは、4人分で卵4個だったところを6個に、もう1つはベーコンブロックをパンチェッタ(やはりブロック)にしてみた。

卵の数を増やしたのは、より卵の味を感じられる(のかな?)と思ったから。パンチェッタに変えたのはこの卵を売っている高級スーパーで安いベーコンブロックを探していたら高いベーコンブロックしたなかったので、どうせならとパンチェッタにしてみた。

人気店のシェフたちが著したイタリアンのレシピ本では必ずと言っていいほどカルボナーラにパンチェッタを使っている。それを思い出したのもあって奮発してみた ^^;

パンチェッタを炒める
▲短冊状に切ったパンチェッタを炒めた後、白ワインを加えてアルコールを飛ばしているところ

パンチェッタは豚バラ肉を塩漬けしているのでけっこう塩辛い。それなので卵ソースの中にあってバランスのいいアクセントとなる。

たっぷりの卵と粉チーズが絡んだ久々のカルボナーラはなかなかの出来栄えだった。お皿に余ったソースはバケットにつけて食べたのだが、これも美味しかった!

今回の料理は娘たちが帰省していたシルバーウィークに作ったもののうちのひとつ。

高級卵やパンチェッタを使って料理がいつもよりグレードアップしたのは確かだけど、美味しい食事の一番の条件は家族そろってワイワイと楽しく食卓につくことではないだろうか。
スポンサーサイト


イタリアン | 14:48:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
パンチェッタと高級卵のカルボナーラいいですね〜独身の頃は、私もこだわってやっていましたよ。私は、白ワインをブランデーにしてアルコールを飛ばして、卵は、黄身だけ3個それに、パルミジャーノレッジャーノをすりおろしていれていました。胡椒をきかせて。いい卵とパンチェッタなら、生クリームなしのほうが卵を楽しめるような気がして生クリームなしで。ワインの知識はないのですが、北海道ワイン 北島秀樹を合わせていました。仕事終わって、家でのちょっとした贅沢です。家族そろってワイワイ!いつか、チビ達と楽しめるんですかね?20年後の楽しみですかね。。。
2015-10-14 水 10:04:15 | URL | まゆ [編集]
まゆ様、コメントありがとうございます。

仰る通りで生クリームは要らないなぁ と思う時もあるのですが、茹でたてのパスタに加えても固まりにくいのでそちらの効果も期待しつつ加えています。卵は黄身だけにしたこともありますが、結局後で白身を消費しなければいけなくなるのでやめてしまいました(笑) それから、チーズですが、美味しいのに割安なので私はグラナパダーノをよく使うようになりました。

北海道ワイン 北島秀樹というのがあるのですね? インターネットで見てみたのですが、オーストリアやドイツでよく使われるぶどう品種のワインみたいですね? 美味しそうです♪

「お酒は二十歳を過ぎてから」ですが、それまではご夫婦はワイン、子供たちはジュースというのでも十分に食事を楽しめると思います (^^)
2015-10-14 水 22:57:17 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad