■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

豚肉とエリンギとゴマのパスタ
豚肉とエリンギとゴマのパスタ

アフタヌーンティーというカフェで(ティーなのにカフェでいいのか疑問ですが)食べた豚肉とエリンギとゴマのパスタが美味しかったのでトライしてみた。

基本的にはペペロンチーノなのだけど和風の旨味が特徴的な一品だった。ゴマのせいだけではないようで、パスタを平らげた後に皿の底にのこったソースを観察する。

乳化したオリーブオイルが黒っぽい。醤油が混ざっているようだった。ゴマと醤油か!と納得する。

そのランチの数日後、すりゴマを買い、あとは家にあった材料を使って適当に作ってみた。

最初の見立てに沿って、基本はペペロンチーノ。まずはニンニクと唐辛子のオイルソースを作り、そこに豚肉を入れる。

肉に火が通ったら切ったら適当に切ったエリンギを入れて一緒に炒める。

少々醤油を垂らしたら、ゴマを加えてよく混ぜる。

ここにゆでてお湯を切ったパスタに和えたら完成。お皿に美味しそうに盛って食卓へ。

アフタヌーンティーで食べたのは下の写真。そっくりそのまま真似しようと思った訳ではないけれど、こうやって上と下とで写真を並べてみると何かそれらしい。

お味の方はというと、ちょっと醤油が目立ったようだ。ほんのちょっと加える程度でよかったのかも知れない。それからゴマを加えるタイミングだが、最後の最後(ソースをパスタに和えるとき)でいいのではないかと思った。

これまで醤油や味噌など、和の調味料を使ったことはなかったのだけど、今後は色々考えてみたい。

豚肉とエリンギとゴマのパスタ原型
スポンサーサイト


イタリアン | 19:41:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ペペロンチーノに醤油あいますよ。私も、よく作ります。胡麻までは、冒険しませんが美味しそうですね。私の個人的な意見ですが、ペペロンチーノに醤油とバルサミコ酢で煮詰めても美味しいですよ。和だけに抵抗があったのでバルサミコ酢もいいのではと思いたちやってみたら美味しかったですよ。
私の子供達は、ニンニクオイルに醤油とかつお節粉と生クリームで美味しそうに食べています。和の調味料に馴染みがあるからよいのではと思い醤油とかつお節粉いれてみました。
いろいろ試してみるのも楽しいですよ。
2015-09-10 木 12:16:16 | URL | まゆ [編集]
まゆさん、コメントありがとうございます!

いろいろ試されているのですね♪ 参考になります。

何故そうなったのかよく思い出せませんが、私には「和風のパスタはいまひとつ」という思いがあって、あまり和の調味料を使う気にはなれませんでした。でもよく考えると、どうやって “旨味” を出すかが問題なので、醤油や味噌は使えるのではないかと考えてはいました。それにしても、ペペロンチーノに醤油が合うとは!興味深いです。 

バルサミコ酢を加えるというのには納得です。実は、今回のパスタではほんのちょっとだけ、バルサミコ酢を垂らしたものも試しているのです。あまりに量が少なすぎたせいか醤油に負けてしまって、紹介するほどではありませんでした(汗) 今度は比率を変えて試してみたいと思います♪
2015-09-11 金 20:12:55 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad