■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ブロッコリーと挽肉のコンキリエ(2)
挽肉とブロッコリーのコンキリエ

円安が進んでいるので、 イタリアン好きの家長としては困ってしまう。

数ヶ月前まで90円を切っていたトマトの水煮缶(400 g)が税込みで108円になっていたし、190円台で買えたディ・チェコ (De Cecco) のロングパスタが210円台に。既に値上がりしている輸入ワインがもっと上がって行くのではないかと心配だ。

我が家にどんなパスタのストックがあったか確認しておこうと、椅子を持ち出して最上部の棚を覗き込んだら使いかけのコンキリエを見つけてしまった。「使いかけ」は放置せずにできるだけ早く使い切るようにと指導されている。

『忘れてた!』といつ使ったのか思い出すこともできないパスタを手にとりながら周りを見渡す。そっと椅子をおりて何気なくキッチンの隅にパスタの袋を置いた。

というわけで、この日の夕食はブロッコリーと挽肉のコンキリエとなったのだった。これは家長も妻もお気に入りのメニュー。古いパスタで作ってもやはり美味しかった(笑)

レシピは前に詳しく紹介したので、そちらをぜひ参照していただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

* 大したことではないけれど、今回、前のレシピの一部を変えたので以下に少し解説を。
(結局、どなんな作り方でも大丈夫ということです)

ブロッコリーを挽肉と炒める
▲挽肉を小さな塊で焼いて白ワインを入れ、アルコールと水分を飛ばした後 (前のレシピだと “5” のところですが)、ここに予め軽く茹でておいたブロッコリーを加えて一緒に火にかけます。

ゆで上がったコンキリエを和える
▲上の写真の挽肉とブロッコリーのソースにゆで上がったコンキリエを加えて和えたところ。あとはこれをお皿に盛るだけ。
スポンサーサイト


イタリアン | 11:24:23 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-06-11 木 10:02:29 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad