■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鰯の開きのペペロンチーノ(2)
鰯のペペロンチーノ

5月の連休の後半に娘たちが帰ってきたので久々に全員揃ってお昼をいただきました。

何が食べたい?と聞いたら、『家長が作るものだったら何でもいい♪』とのこと。嬉しいことを言ってくれちゃって!と喜んだのはいいのですが「何でもいい」が一番むつかしい‥(汗)

どうしよう?と考えていたら、「青魚でパスタを作ってもらおう!」と妻が言い出して一件落着。スーパーでイワシを買ってきてペペロンチーノにしてみました。

イワシの風味と旨味がよく出ていて美味しく出来上がりました。安価で簡単に作ることができるのでお勧めですよ♪

レシピは前に書いた鰯の開きのペペロンチーノとほとんど同じなのですがイワシの炒め方はこちらの方が簡単なので、そこだけ付け加えておきます。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます



*** 準備 ***
材料(4人分):

イワシ(開き)・・・・・・・・・・・・・・4~5尾
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

パスタ(スパゲッティーニ)・・・・・・・・300 ~ 400 g
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・適当(50~100 mlぐらい)
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・2~3かけ
唐辛子・・・・・・・・・・・・・・・・・・2~4本
イタリアンパセリ(生でも乾燥でも)・・・・適当

*** 調理の前に***

唐辛子は種を出しておく
ニンニクは縦半分に切って芯(芽)を出しそれぞれを包丁の腹などで押し潰してておく

イワシの開きに包丁をを入れ、2~3つに切っておく

生のイタリアンパセリを使う場合は予めみじん切りにしておく(今回家長は乾燥パセリを使った)

*** 調理 ***

ニンニクのオイルを作る
1.まず、ニンニクのオイルソースを作る。

鰯を揚げるように炒める
2.オリーブオイルにニンニクの香りと唐辛子の辛味が移ったら、ニンニクと唐辛子を別容器の移し、火を中火にしてアジの開きを皮目から加えて行く(たっぷりのオイルだと揚げているような感じになる)。

3.イワシのふちに火が通り変色してきたら、ひっくり返してまた炒める。

4.イワシにしっかり火が通ったら別容器に取り出して、一旦火を止める。

5.パスタがゆで上がる数分前に再び火を点けパセリを振り入れる。パセリの匂いが立ったてきたら、パスタのゆで汁を適当量(レードル1~2杯)加えてオイルを乳化させる。

パスタに絡める
6.ゆで上がってお湯を切ったパスタをフライパンに加えてよく和える。

7.お皿に盛りつけた後にイワシや唐辛子、ニンニクをトッピングして出来上がり。

【 ふたこと、みこと 】

イタリアンパセリは香りを付け、彩りを添えるために加えています。身近に手に入らなければ無くても構いません。

乳化はあまり難しく考えなくていいです。ゆで汁をオイルに加えたら前後に小刻みにフライパンをゆらしてみましょう。菜箸で細かく散らすように混ぜてやるのも方法です(白濁したら成功です)。ゆで汁には塩気があるので加える量は様子を見ながらやりまししょう。

パスタのゆで方は前に書いたパスタをゆでるを参照して下さい
スポンサーサイト
イタリアン | 18:33:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad