■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

娘の挑戦、家長の冒険(その2)
前回のつづき

手際のいいことに既にETCカードが使えるようになっていたので、スムーズにゲートは通過した。合流ではアクセルを踏みっぱなしで本線へ滑り込むよう指導する。ひるんで止まったりすることがないよう言い聞かせて合流地点へ。

カーブを曲がり終え直線コースへさしかかったので『いいかい?行くよ』と声をかけ、すぐに『アクセル踏んで!』と指示をを出す。それからはl『踏んで!踏んで!踏み込んでー!!!』と絶叫のようなお願いをして、何とか無事に本線へ割り込んだのだった‥(汗)

あとは、ひたすら走り続けるだけだ(ホッ)。

とは言うものの、この運転、実質初心者にはストレスのはず。最初の大きなサービスエリアへ入り休憩したら運転を代わることにしたのだが、駐車場が混んでいてびっくり!

誘導員から空きスペースへ導かれてホッとしたのも束の間、車庫入れの練習をしていないのに気がついた!仕方ないので、家長が横からハンドルを操作し、娘にはアクセルとブレーキのタイミングをはかってもらい二人三脚で何とか止めることができた。

試行錯誤してけっこう時間がかかってしまったのだが、誘導してくれた係の人はニコニコしてとても親切だった。なぜだろう?と思いながら車を降りたらその理由が分った。初心者マークだ!

免許取得後1年を過ぎると初心者マークを付けてはいけないらしいのだが、命には替えられない。このマークを見て皆が大目に見てくれるのであればこんな有り難いことはない。休憩の後、『運転に慣れるまでは絶対に初心者マークを付けておいた方がいい』と言って運転を代わったのだった。

次のサービスエリアまでは家長が運転する。娘の車がどれくらいの性能か試してみたかった。軽自動車というものを初めて運転したのだが、その加速性能や室内の静かさにびっくりする。これで燃費がよくて税金が安いのだから軽が売れるのが良く分った。

そうこうしているうちに次のサービスエリアへ到着。再び娘にハンドルを渡し、そのまま目的地までの運転を任せた。それから約2時間の後、無事に料金所を出ることができたのだが一般道へおりてからの方がずっとスリリングだった。

大きな交差点で右折しようとするたびにヒヤヒヤドキドキするのはどうしようもなかったが、ついに娘のアパートへ到着!二人とも無事だったことを心から感謝せずにはいられなかった。

が、しかし、家長のミッションが終わった訳ではない。その日は娘の部屋に一泊し、翌日は朝から車庫入れの練習。更に最寄りのスーパーや公園へ行き、家長が帰京した後もちゃんとやって行けるよう、ただひたすら訓練したのだった。

緊張と重責の二日間を過ごして帰路に就く。夕方に特急電車へ乗り込んだのだが、もう少し優しく教えてあげれば良かったかなぁ‥ などと色々な思いが頭をよぎる。

窓の外の奇麗な山々を眺めるのだけど、そこには改札で下を向いたまま手を振っていた娘の姿が浮かんでいた。

景色

おわり
スポンサーサイト


| 23:08:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad