■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

娘の挑戦、家長の冒険(その1)
この春、めでたく娘たちが巣立って行った。

二人はそれぞれの道を進むことになるのだけど、上の娘は道を進むのに使うリアルな「モノ」も買ってしまった。赴任地での生活が車なしでは難しいらしい。

アルバイトで貯めたものを資金の半分にし、残りは家長銀行が融資することにした。利子は「少なくとも年に一度くらいは家長と妻の顔を見に帰ってくる」ということ。

二人で近くのディーラーへ行き、タフな交渉をして(勝手にそう思い込んでいるだけだが)納得できる価格で購入することができた。モノは真っ赤な可愛らしい軽自動車。

写真がないので家長の記憶をもとに絵にしてみたが、今後乗る機会はないだろうからおまけでベンツのエンブレムを付けてみた。

マイカー

だが、実はここからが大変。というのは、これを自ら現地まで運ばねばならないからだ。ディーラーに輸送してもらうという選択もあったのだが、娘が高速道路を走ってみたいというので練習を兼ねて自分たちで運ぶことにしたのだった。

家長が助手席に乗ることにしていたのだけど、運転者は完全なペーパードライバーなのでとても不安だ。それで事前に自動車教習所でペーパードライバー教習を受けるという約束だった。

そして、出発の前の夜。教習はどんな感じだったか聞いて固まった‥ 実は公道へは出ずに所内のコースで左折や右折をしただけなのだという。しかも1時間だけ。

これはもう家長自ら教習するしかないと翌日は交通量が少ない早朝に二人で車に乗り込む。まずは家長が運転して家を出て大きな道の路肩に止めて席を交代する。

座席の位置を決め、バックミラー、ドアミラーを調整してもらい。それからエンジンをかけ、右にウインカーを出したら後方から車が迫っていないかを確かめ発車させる。車線中央まで来たら段々と速度を上げさせた。

まずは、左折。左折を4回繰り返して元の場所へ戻ってくる約1キロのコースを走り続ける。これを5〜6回繰り返したら次は右折。それまで左に曲がっていた交差点を右に曲がるようにしてひたすら右折を繰り返して元の場所へ戻ってくるというものだ。これを5〜6回繰り返したら、また、左折を数回、右折も数回やった。

これで少しは基本的な運転操作が身に付いたろうと考えて、まだ交通量も多くないこの時に出発するのが賢明だと判断した。家に戻り荷物を積み込むとすぐに車を出す。今度は最初から娘に運転を任せる。カーナビに新居の住所を入力し、音声案内を頼りにおそるおそると発車したのだった。

横からちょくちょく短い言葉で助言しながら時にヨロヨロと、時にフラフラと進んで行くのだが初心者マークを付けておいたので周囲から文句をつけられることもなく何とか安全を保つことができた。とは言っても家長がドキドキから開放される訳ではない。片側3車線の大きな道路の真ん中で止まり右折の機会を伺う時などはすごい緊張感だった。

そういうことを繰り返しながら、何とかついに高速道路の入り口にまでたどり着いたのだった。

つづく
スポンサーサイト


| 23:55:09 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
はじめまして。
今まで、サイレント読者でしたが、思わず。
まずは、いつもおいしそうな料理、ありがとうございます。
以前リガトーニを購入した際、どのように料理すればよいのだろうか、と考え検索したところからこちらのページにたどり着き、それからいつも楽しく拝見させていただいております。

私は、大学進学と共に家を出て一人暮らしを始め、社会人になると共にマイカーを購入しました。私も父から、このように見られていたのかなぁ、と思うと、なんだかぐっと来るものがありました。
車の利子、いいですね。
そういえば自分もこういう事いわれたきがするなぁ、けど、新生活にワクワクで、言われたことはほとんど「はいはい」と右から左に聞き流していたきがするなぁ、と思い出して少し反省しながら。

高速道路で車運び、私も父としたので、懐かしい限りです。
私の父もこんな思いでいてくれたのかしら。
2015-04-26 日 06:22:52 | URL | あっちょん [編集]
あっちょんさん

コメントありがとうございます!
あっちょんさんのお父様もきっと家長と同じ気持ちだったと思います。
子供達が無事に社会へ出て行くまでが親の務め。それを境にホッとするのかなぁと思ったのですが、甘かったです(笑)娘はいつまでも娘のままなのですね。たまに顔を見に帰ってあげて下さい。お父様は喜ばれますよ♪
2015-04-26 日 07:21:27 | URL | 家長 [編集]
料理のことはあまり分からないのですが,美味しそうだなぁ,と時々涎を垂らしながら読んでいる読者です.
巣立ちを前にした父親の気持ちはこういう感じなのかぁ,と頷きながら読ませて頂きました.グッと来ました.
2015-05-08 金 00:02:29 | URL | 備忘君 [編集]
備忘君さん
コメントありがとうございます!
巣立っては行ったのですが、健康や安全のこととなると心配になるものです(汗)
カッコいい父親は演じきれませんね(笑)
2015-05-08 金 00:40:37 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad