■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

餃子ふたたび
美味しい餃子

外は桜が満開! 桜と言えば餃子だろう(全く関係ないけど)。というわけで前々回でレシピを紹介したばかりだが、今回も餃子の紹介。

実は前のレシピで鶏ガラスープ(顆粒)は豚挽肉240グラムに対して大さじ1と書いていたのだけど、ちょっと多いのではないかと思っていた。それで実際に減らして作ってみたのでそのご紹介。

参考にした片岡護シェフのレシピには豚挽肉120グラムに対して鶏ガラスープを大さじ2とあった。よく見てみるとどこにもスープの素とか顆粒とは書いていない。普通のスープを大さじ2ということだ(たぶん)。

そうすると前に家長が作った挽肉240グラムの場合はスープ大さじ4ということになる。この量を作るのに大さじ1の顆粒は多過ぎる。

一応、家長が使った下の写真の “yuki” のガラスープ(顆粒)の説明書きを見てみたのだがよく分らない‥ それで、根拠はないのだけど、挽肉120グラム当りこの顆粒を『軽く小さじ1』にしてみることにした。

鶏ガラスープ(顆粒)

そうしたら、ちょうどいい感じに出来上がった!

こういう出汁の素(顆粒)のようなものは少なければ少ない方がいいというのが家長の考えなので、前回のレシピの材料の部分をちょっと修正、『鶏ガラスープ(顆粒)を大さじ1』としたところを『小さじ2』にしたいと思う。

もう少し減らしてもいいかも知れない。そこは皆さんの好みにお任せしたい。

ということで、前に書いたレシピの部分も修正させていただきます。
スポンサーサイト


中華 | 21:46:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad