■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

あさりのトマトソース煮
ボンゴレロッソ_2014

今日は前回のトマトソースを使ったあさりのトマトソース煮について。

あさりは年に二回、春と秋に産卵するのでその直前は身が肥えていて美味しくなる。ちょうど今が旬ということだ。

ボンゴレ・ロッソというタイトルにすればいいのだけど、今回はパスタに絡めなかったので(パスタ料理と思われないように)敢えてトマトソース煮ということにした。

トマトソースにアサリを投入して殻が開いたらちょっと煮込んで完成というレシピもあるようだが、家長のはまず白ワインでアサリのソースを作っておいてから、これにトマトソースを加えるというもの。

とても美味しいのでこのアサリが旬の時期に是非一度作ってみてはいかがだろう?奥さんもお子さんもきっと喜んでくれる(はず)。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 準備 ***

材料(4人分):
アサリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(500 g ぐらいか?)
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・・1~2片
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・大さじ2~3
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・50~100 ml
イタリアンパセリ (生でも乾燥でもいい) ・・適当

*** 調理の前に ***

アサリの砂抜きをする。
3%の塩水にひたひたになるようにつけて最低1時間ぐらい放っておく。

ニンニクのオイルソースを作り始める前にアサリをザルに移し水気を切っておく。

*** 調理 ***

1.フライパンにニンニクのオイルソースを作る。

2.オイルソースにアサリを入れて強火にする。前後に揺すって全体にオイルが行き渡るようにしたら、白ワインを加え、フタをして殻を開かせる。

アサリを調理する

3.殻が開いたらフタを開け、水蒸気を逃がしながら少し煮て火を止める。ソースは残し、アサリだけを適当な容器に取り出す。

4.再び火を点け、ソースからアルコールが飛び、水分が半分ぐらいに減るまで煮詰めるたらトマトソースを加える(この時、イタリアンパセリを加える)。

アサリをトマトソースで煮込む

5.別容器に取り出しておいたアサリを4の鍋に戻したら完成。冒頭の写真に載せたように美味しそうなボンゴレロッソの出来上がり。

6.大皿に盛ってもいいし、個別に盛ってもいい。温かいうちに食卓へ運こぼう。

【 ひとこと 】

今回は主食はパスタでなくチーズ入りのバタール(フランスパン)にしたのだが、とても美味しかった。パスタをゆでる手間が省けるので気持ちに余裕ができるし洗いものも少なくなる。おすすめの組合せと言える。
スポンサーサイト
イタリアン | 22:33:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad