■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

トマトソース
ベル型トマト

今年も秋の収穫、ベル型トマトのお裾分けにあずかっった。

半分をケッカソースに使い、もう半分でトマトソースを作る。

今回は、そのトマトソースの話。

水煮缶で作るトマトソースと比べ、フレッシュ感溢れる一品に仕上がる。特にベル型トマトにこだわる必要はないので、入手できるトマトで是非一度お試しを。

-------------------------- レシピ --------------------------------

トマトを湯剥きする
▲1.湯剥きをする。沸騰したお湯に10秒くらい浸けてから取り出して水に移し、冷やしてから皮を剥ぐ(包丁で切れ目を入れると簡単に皮が剥がれる)。

トマトソースを作る
▲2.湯剥きしたトマトを潰したニンニクと一緒に鍋に入れ、オリーブオイルを回しかけ火にかける。

トマトソースの完成
▲3.あれば生バジルの葉(乾燥バジルでもいい)を適当に加えてひたすらグツグツ煮込み、好みに合わせて少量の塩で調味する。水分が最初の2/3くらいなったら出来上がり。

【 ひとこと、ふたこと 】

ステンレスメッシュのボウルなどで漉してトマトの種を取り除けば上質の滑らかなトマトソースになる。今回は仕上がる直前にそれをやってから一回り小さな鍋に移し(2の写真→3の鍋)、更にに少し煮詰めた。

完成したトマトソースはそのままパスタに和えてもいいし、魚介や肉を煮込むのに使うのもおすすめだ。作るだけ作っておいて冷凍保存すれば数ヶ月は大丈夫なのでとても使い勝手がいい。

次回はこのトマトソースとアサリを使ったボンボレロッソを紹介する予定。
スポンサーサイト


イタリアン | 21:08:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
今回は、量が今ひとつ少なくてすみません。 (^_^;)
この手の置いて追熟させていくタイプのものは、ドサッとあるやつが順々に赤くなっていって、順次それを使っていくのが醍醐味ですものね。

こうやって手間ひまかけて使ってもらえると、トマトも本望だと思います。 (^^)

今回の台風にも耐えてくれ、まだもうちょっとの間 収穫できそうです。
2014-10-08 水 23:31:58 | URL | アキラ [編集]
アキラさん

いえいえ、十分な量をいただきました。
仰る通りで追熟するので慌てずゆっくり楽しむことができます。
適当な大きさの器に盛り、食卓やキッチンに置いておくのですが、まるで花を飾っているかのようです♪

色を楽しみ、味を楽しみ、とても豊かな気分になります。

どうもありがとうございました。
2014-10-09 木 21:53:16 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad