■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

タラのアラでプッタネスカ
タラのアラのプッタネスカ

「タラのアラの」というタイトルを見て「鱈の𩺊?」と突っ込んだ方はかなりの魚好きに違いない(笑)

魚屋の隅には必ず粗(アラ)が置いてあるが、『へぇ〜これがアラ?』というぐらいきれいに成形されたものがある。身もかなりしっかりしていて値段が安いとなればこれを使わない手はない。

家長の場合、すぐにパスタの具にしたらどうかと考えるのだが、それなら身が崩れて構わないので成形されている必要もない(ただ、形成されていると購入後の骨抜きなどに煩わされることが少ないように思う)。

今回、きれいなタラのアラが手に入ったのでプッタネスカに使うことにした。前にも鮭のアラのプッタネスカを紹介したが、アラにはプッタネスカがぴったりだ。

料理の行程を簡単に紹介するが、レシピは前に書いたものを参照していただきたい。

やはり家でつくるものはコストパフォーマンスが最優先。家計を考えた上に美味しいものが食卓へ並べばお父さんの株が上がること間違い無し。だまされたと思って是非一度。

あ、そうそう、食後はキッチンの片付けとレンジ回りの掃除も忘れずに!これをしないとせっかく上昇しかけた株価が暴落する危険に曝されてしまう(笑)

オリーブオイルでタラを炒める
深手の鍋(フライパンでもいい)にオリーブオイルとニンニク、唐辛子を入れて火を付け、ニンニクの香りと唐辛子の辛味を付けたら、アンチョビを入れて細かく潰す。その後にタラのアラを入れて炒める

オリーブオイルとケイパー投入
タラの色が変わり始めたら、黒オリーブとケイパーを加えて1~2分炒める。

最後にトマトの水煮を加える
トマトの水煮(ダイス缶)を加える。沸騰したら弱火にして数分煮れば完成。

どうか、株が上がりますように。
スポンサーサイト


イタリアン | 09:45:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad