■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

豆乳と生姜と茗荷のパスタ
豆乳と生姜と茗荷のパスタ

いや〜 暑い暑い。

梅雨が明けて湿気から開放されるかと思ったら、それを待たずに溶けて無くなってしまいそうだ。

こんな時、いったい何を作れば良いのかと困ってしまう‥

あれこれ考えて頭に浮かんだのは生姜や茗荷を利かせた豆乳のうどん。以前、恩師のもとを訪ねた際にご馳走になった。

豆乳をダシで味付けしてうどんを入れ、千切りにした生姜と茗荷を散らすというものだった。これがとても美味しかった。

思いついたのはいいが、この暑さでは外へ買い物へ行く気がしない。手元にある食材で似たようなものを作ることにする。

豆乳と固形ブイヨンとニンニクと生姜、茗荷、そしてロングパスタ(今回はスパゲッティーニ)。イメージとしてはスープパスタだ。

豆乳などの材料

冷蔵庫の中に鶏もも肉も見つけたので、これをこんがりソテーしてトッピングに使うことにした。

鶏もものソテー

かくして出来上がったのが冒頭のパスタ。一応、『豆乳と生姜と茗荷のパスタ』と呼ぶことにする。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 材料(4人分)***

【 パスタと豆乳ソース】
スパゲッティーニ・・・・・・・・・・・・・適当(300~360 g ぐらい)
豆乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4カップ(800 ml)
固形ブイヨン或いはコンソメ・・・・・・・・3個(今回は1個 300 ml用だった)
ショウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ

【トッピング用の生姜と茗荷】
ショウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2かけ
ミョウガ・・・・・・・・・・・・・・・・・2本

【トッピング用の鶏もも肉】(オプション)
鶏もも肉・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

*** 準備 ***

ミョウガとショウガは全て千切りにしておく。

ニンニクは芽を除いたら適当な大きさに切って、木べらや包丁の腹で潰しておく

鶏もも肉は適当な大きさに切り、表面に軽く塩とコショウを振っておく。

*** 調理 ***

適当な大きさの鍋に固形ブイヨンと潰したニンニク、千切りにしたショウガを入れる。
鍋にコンソメなどを入れる

豆乳を加えてから火を点け、沸騰する直前で弱火にし、ブイヨンが溶けきるまで煮る。
豆乳を加える

パスタをゆで、まだ少し固さが残るくらいでお湯を切り、豆乳ソースに加えてしっかり浸ける。
かためにゆでたパスタを入れる

1分くらいで火を止めたらお皿へ盛りつけ、ショウガとミョウガを散らして完成。今回は思いつきで鶏もも肉のステーキを乗せてみた。

【 ひとこと、ふたこと 】

今回使った出汁(ブイヨン)は1個、300 ml 用のもの。3個を4カップ(800 ml)の豆乳に溶かしたが味としてはちょうどいいように思う。味見をしてちょっと物足りないと思うと塩で調味したくなるが、ゆで上がったパスタからも塩分が持ち込まれるのでそこは気をつけて。

複数の調理をタイミングよく仕上げるのは慣れが必要だ。今回のように鶏肉などを乗せる時はパスタを作る前に調理しておくことをおすすめする。そうすれば余裕を持って作ることができる。
スポンサーサイト
その他 | 12:40:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
さっぱりいただけそうで、それでいて鶏肉のステーキものっているから、タンパク質もとれますね。
夏バテしやすい今の時期にぴったりのメニューだと思います。
鶏肉が無い時は、カリカリに焼いた油揚げでも良いかな?
試してみます。

2014-07-28 月 05:54:51 | URL | にっき [編集]
にっきさん
仰るように、このパスタはさっぱりした感じです。
カリカリに焼いた油揚げもとても良く合いそうですね♪
是非、お試し下さい。
2014-07-28 月 23:05:19 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad