■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

休日は子供たちとマシュマロサンド
炭化グラハムサンド

先日、妻と娘たちがワイワイ楽しそうに何か作っていたので覗いてみると、焼いてトロトロになったマシュマロをクラッカーに挟んだ美味しそうなおやつだった。

『家長も食べる?』と言われ、『いえいえ』とその場は遠慮したのだが、皆が去った後にとても気になって。やはり作ってみることにする。

チョコレート味のグラハムクラッカーを2枚出し、マシュマロ4つを挟んでトースターに放り込んだのだった。

それから何分経っただろうか、食卓で新聞を読んでいのだが、何か変な匂いがすると振り返ったらキッチンがモクモクと煙に満たされていた。

すぐにトースターを消し、換気扇を最強にして部屋の窓という窓を開け放った。かろうじて火災報知器が鳴るのは避けることができたが視界がクリアになるまでけっこうな時間がかかった。

そのトースターからレスキューしたものが冒頭の写真だ。クラッカーは恐ろしいほどに炭化して真っ黒。マシュマロは融合して巨大な扁平菓子になっていた。

皆は『無理して食べなくていいよ』と言ってくれたのだが、一応、端っこの方をかじってみる。そうすると、けっこう美味しかった。実はクラッカーの表層だけが焦げていて意外と普通に食べられたのだった(皆からは無理して食べたと思われているようだが)。

その後、娘が作り方を教えてくれたのだが、ちゃんと作れば下の写真のようになる。

正しいグラハムサンド

簡単、楽しい、美味しいの一品。休日に子供たちと一緒に作るのがおすすめだ。

“続きを読む” をクリックすると作り方がみられます


マシュマロサンド2個の作り方
( “作り方”というほどのものではないけれど、一応、ご紹介まで)

チョコレートグラハム
▲材料:チョコレート味のグラハムクラッカーとマシュマロ

まず、クラッカーにマシュマロを置く
▲グラハムクラッカーを2枚出し、それぞれを中央から等分する(溝があるので簡単に割れる)。その片方の上にマシュマロを好きなだけ乗せる。

軽く焼いたらクラッカーで挟む
▲マシュマロを乗せたクラッカーの方をトースターへ移し、マシュマロの表面に薄い焦げ目がつくくらいに軽く焼いたら、もう一方のクラッカーをその上に乗せてぎゅっと指で押さえて出来上がり。

【 ひとこと 】

マシュマロを挟むのはグラハムクラッカーでなくてもいい。家族で色々試してみると楽しいのではないだろうか。
スポンサーサイト
その他 | 22:47:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad