■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

魚介たっぷりのパエリア
魚介たっぷりのパエリア

今回は魚介たっぷりの具沢山パエリアを作ってみた(成り行きだったのだが‥)。

魚屋さんの対面販売コーナーでアサリが盛られているのを見つけ、これは美味しそうだと思ったらその奥にはバライカ(スルメイカの小さいヤツ)も売られていた。安かったのでつい両方買ってしまう。

パスタにすると麺が見えないほどのトッピングになってしまうと思い、それはあまりに不格好だと想像したのでパエリアを作ることにする(理由がよく分らない)。

すると米粒が見えないくらい具沢山で、いったい何の料理か分らないようなパエリアが出来てしまった(やはり不格好だった)。

しかし、これを掘り返してとり分けてみるとそれほど変ではない。いや、むしろ立派なパエリアのように見える。たくさんのアサリとイカからとれた出汁で炊き上げたご飯は何と言い表したらいいのか分らないほどの美味しさだった。とてもおすすめだ。

アサリやイカが安く手に入った時には是非一度。

パエリアを取り分ける
▲ご飯が見えなかったパエリアをお皿に取り分けたところ。向こう側にはワカメとトマトとゆで卵のサラダを(取り分けて)乗せてある。

作り方は前に紹介した魚介のパエリアを参照していただきたい。但し、今回は固形ブイヨンを使っていないのでそこが違うところ。イカとアサリの出汁に水のみを加えて800 mlのスープした(お米2合で作る場合)。これに小さじ1の塩を加えて使った。

【 ワイン 】

今回、パエリアに合わせて南イタリアはシチリア州でつくられた白ワインを開けてみた。グリッロ(Grillo)という聞いたことがないブドウ品種だったが、辛口ながら果実の甘味と香りが感じられる爽やかで飲み心地のいいワイン。娘達にとても好評だった。

フェウド・アランチョ グリッロ
▲フェウド・アランチョ(Feudo Arancio)という生産者が作るグリッロ(Grillo)というブドウ100%の白ワイン。1,050円
スポンサーサイト


スペイン料理 | 12:03:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad