■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

バター風味のホタテペペロンチーノ
ホタテを炒める

今日は何を作ろうかと近所のスーパマーケットへ食材探しの旅へ出る。

すると魚屋の対面販売コーナーに、殻をこじ開けて取り出したばかりの新鮮なホタテが並べられていた。ひとカゴに6つ入って400円半ば。特価らしい‥

下の娘は外で食べる約束があるので夕食はいらないと言う。6つだから3(人)で割り切れてちょうどいいと買って帰った。それで、ホタテバターを作ることにしたのだが、主食を何にするかで迷ってしまう。

ご飯ではピンとこない。パンにするとちょっと物足りないような気がする。じゃあ、パスタか?となったのだが、それならホタテを炒めるのはバターでなくてオリーブオイルではないか?と、まとまらない。

そこで、オリーブオイルにバターを加えたものでホタテを炒め、パスタにのせることにした。つまりはホタテのペペロンチーノだ。

新鮮なホタテを使ったのであまりしつこく火を通す必要がない。そこにバターが加わりまろやかなコクを感じさせる美味しい一品となった。

機会があれば是非一度お試しを。

ほたてバター乗せのパスタ
▲パスタの上に炒めたホタテを乗せただけで見た目はパッとしないが、かなり美味しかった。もちろん家族にも大好評。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 準備 ***

材料(3人分):

ホタテ・・・・・・・・・・・・・・・6個
ロングパスタ(お好きなものを)・・・240~300 g

オリーブオイル・・・・・・・・・・・大さじ3(45 cc)
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・1かけ
赤唐辛子・・・・・・・・・・・・・・1〜2本

バター・・・・・・・・・・・・・・・10 g
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・50~100 ml

*** 調理の前に ***

ニンニクは潰し、唐辛子は種を出し空洞にしておく

*** 調理 ***

1. パスタをゆでるための鍋を火にかけてお湯を準備し始める(パスタをゆでるを参照)。

2.フライパンに ニンニクと唐辛子のオイルソースを作る。バターを加えてよく混ぜ、火を中~強火にする。

3.フライパンにホタテを並べて火を通す。ホタテの色が変わってきたなと思ったら、菜箸やトングで裏返しにする。

4.しばらく(適当)ソテーして火を通したら白ワインを加る。フライパンを揺すりながらアルコールが飛んだらホタテは一旦(適当な)別な容器に取り出して火を消すか弱火にしておく。

5.パスタをゆで始める

6.ゆで時間が半分くらいになったらフライパンを再び火にかけ(中火で)ソースを煮詰める。途中、パスタのゆで汁をレードル1杯分移し入れ揺らしながら乳化(水と油が分離せず馴染んだ状態)する。ソースが半分くらいになったら火を止める。

7.ゆで上がったパスタのお湯を切り、6のフライパンへ移し入れ,トングと菜箸でスープをよく絡ませる。

8.パスタを皿に盛り、先に取り出しておいたホタテを乗せ、食卓へ運ぶ。

【 ひとこと】

フライパンで油が高温になっている時にワインを入れると引火することがあるので、慣れないときはフライパンに蓋をしておきその隙間からワインを流し込むのがいい。そして、落ち着いたら蓋を開けてスープを煮詰める。
スポンサーサイト
その他 | 22:55:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad