■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

イカのげそ入りボンゴレビアンコ
『今日は何が食べたい?』ときいてみたが、妻や娘たちからはこれという返事が返ってこない。『家長が作ってくれるだけでありがたい』と言われるのはもちろん嬉しいのだが、『だからお任せ』というのは難しいものだ。

そんな時は、八百屋や、肉屋、魚屋を回ってみる。

今回は魚屋に入ったら大きめのアサリに目を惹かれ、これを買おうとレジに向かったのだが、その途中でイカの “げそ” を見つけてこれも買う。ボンゴレビアンコに “げそ” を加えれば簡単に「海の幸風」になりそうと思ったのだった。

魚介ソース
▲オリーブオイルでイカを炒めたところにアサリを加えて白ワインを注いだら一旦蓋をしてし貝を開かせる。これはアサリが開いた直後の様子。だし汁はパスタの味付けに、アサリとイカはトッピングに使う。

基本的にボンゴレビアンコの調理法と同じなので簡単だ。フライパンにアサリを投入する前にイカを炒めておくというだけのこと。

あとは白ワインを加えてフタをしたらアサリが開くのを待つだけ。具沢山なので一度アサリとイカを取り出しておいてから出汁を煮詰め、パスタのゆで汁を加えて乳化させればパスタを絡めるだけ。

とても美味しいパスタに仕上がるので楽しい食事のひとときになるのは間違い無い。アサリの砂抜きに一時間ほど要するのでそれを見越して作ることをおすすめする。

烏賊のげそ入りボンゴレビアンコ
▲完成した海の幸風パスタ。思ったより具が少なく見えるかも知れないが、それは娘達優先で沢山盛り付けたため(そちらを撮影すれば良かった…)

“続きを読む” をクリックするとレシピがみられます


基本的には前に書いたボンゴレビアンコのレシピの通りなので詳細はそれを参考いただいて、ここでは調理の要点を紹介する。

オリーブオイルにニンニクの香りと唐辛子の辛味をつける
1.フライパンにオリーブオイルと潰したニンニク、唐辛子を入れて弱火で熱し、オイルにニンニクの香りと唐辛子の辛味を付ける(ニンニクのオイルソースを作る)。ニンニクが薄く焦げてきたら取り出して捨てる。

イカのゲソを炒める
2.火を中火にしたらイカげそを加えて炒める。

アサリを入れる
3.イカに火が通って表面の色が変わったら、アサリを加え、1~2分間炒めるようにして温める。

4.適当な量の白ワインを加えたら沸騰させ蓋をする。少し時間をおいてアサリの殻を開かせる(冒頭の写真)。

出汁を乳化する
5.アサリとイカを別の器へ取り出しておいて、だし汁を半分程度に煮詰めたら、レードルで適当にパスタのゆで汁を加え、フライパンを細かに揺らしながら乳化させソースにする。

6.ゆで上がったパスタとソースを絡め、各自の皿へ盛りつけたらアサリとイカをトッピングして出来上がり。

【 ひとこと 】

パスタのゆで汁が塩分を含んでいるので特に味付けしなくていいと思うのだが、一応味見をして塩で調味する。

パスタのゆで上がるタイミングとアサリとイカのソースの出来上がりを合わせるのは難しいもの。タイミングが合わなければソースの方の火を止めてパスタの方に合わせて進めて行けばいい。

スポンサーサイト
イタリアン | 11:26:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad