■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

オニオンパスタスープ
昨年は粉をこねることを覚え、あれこれパスタを作ってみた。記事にはしなかったが、ラザニア生地にも挑戦した。

食感のいい美味しいラザニアが出来たのだけど、ちょっと問題が‥ それは生地の “端切れ” が出来てしまうこと。

手作り生地は大きさがまちまちなので、適当に裁断しながら耐熱容器に収めて行く。その結果、多くの “端切れ” が出来てしまうのだった。

この中途半端なパスタ生地を有効利用しようと考え出したのがオニオン-パスタスープ。
オニオングラタンスープのパンの部分をパスタにした(でもオーブンは使わない)。

この料理、もちろん端切れ生地である必要はない。適当なショートパスタを使ってもいい。よく炒めた玉葱の旨味がたっぷりで、体も芯から温まる。

今の時期にぴったりの一品。是非一度お試しを。

余ったパスタのオニオンスープ
▲ “端切れ生地” を使ったオニオンパスタスープ。生地はもう少し小さめに(一口で食べられる大きさに)切った方が良かった。市販のショートパスタを使えばその点は問題ない。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


レシピは基本的に以前紹介したオニオングラタンスープのものと同じだが、パンをパスタにするところとオーブンを使わないところが異なっている。

*** 準備 ***
材料(4人分):

タマネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
端切れパスタ生地(或いはショートパスタ)・・適当
ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・・・・・少々
コンソメ或いはブイヨンの素・・・・・・・・・3個(1個300 ml用)
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・900 ml
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(5~10 g ぐらい)
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・適当(大さじ2ぐらい)
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

タマネギ2個をそれぞれ半分に切り、その半分を線維方向に沿って薄くスライスするように切っておく。

パスタは予めゆでておく。もちろん調理の途中でゆでてもいいが、アルデンテである必要はないので予めゆでておくとやり易い。

*** 調理 ***

玉葱を炒める
1.鍋(またはフライパン)にバターとオリーブオイルを入れて火にかけたら、タマネギのスライスを加えて炒める。全体に熱が通るまでは強火。熱が通ったら中火。焦がさないように気をつけながらきつね色になるまで炒める。(心配ならば弱火で炒めるといいが、時間はかかる)。

炒めた玉葱でスープをつくる
2.タマネギがきつね色になったら、水を900 ml (4と1/2カップ)と固形ブイヨン(或いはコンソメ)3個を加えて強火にする。一煮立ちしたら弱火にし、コンソメをよく溶かす。味見をしてもの足りなければ塩で調味する。

パスタを加えてちょっと煮る
3.ゆでたパスタを加えて温める。沸騰したら火を止める。

4.お皿に装ったら、熱々のうちにチーズをパラパラと散らして完成。食卓へ運ぼう。

【 ひとこと、ふたこと 】

ブイヨンやコンソメの素については1個 300 ml 用の固形キューブを紹介したが、実際には色々な形状のものがあるので臨機応変でいい。要は一人当りどれくらいの量のスープにしたいかということ。タマネギも4人分で2個としたが、1個の大きさも様々だ。これも好みに応じて自由に変えてもらいたい。

今回、固形ブイヨンを直接鍋に入れると書いたが、もちろん予め解かしておいたものを加えのでもいい。

スポンサーサイト
その他 | 12:25:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad