■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

うどんのような太麺パスタ、ピーチ
ピーチ(Pici)というパスタをご存知だろうか?

先日参加したのワイン会でトスカーナのレストランにいたというシェフが出してくれた。
トスカーナ州はシエナ県の南方、モンテプルチャーノ周辺の郷土パスタらしい。

卵は入れずに粉と水と少しのオリーブオイルだけでこねるのだが、うどんのように太くて食感はもちもちしている。

当日は熊肉のラグー(ミートソース)で頂いたのだが、これがとても美味しかった。

手打ちパスタを作って以来、粉をこね続けている家長だが、今回はこのピーチに挑戦することにした。

ラム挽肉ラグーのピーチ

インターネットで調べてみると、猪肉のラグーやニンニクをたっぷりきかせたトマトソースなどが合うらしい。

妻と娘たちはあまり強いニンニクの味は好まないので挽肉のラグーを絡めることにするが、熊や猪の肉は手に入らない。そこで今回はラム挽肉のミートソースを使うことにした(前にも書いたのだが、焼き肉用冷凍スライス肉を買ってきてフードロセッサで細かくして使った)。

ラム肉の調理は後日改めて紹介することにして、ここではイタリアのうどん風パスタ、ピーチの作り方を紹介したい。(ラムでなくてもミートソースなら何でもいい。そこはこだわらなくてもいいところ。)

“続きを読む” をクリックするとレシピが現れます


*** 準備 ***
材料(3~4人分)

強力粉・・・・・・・・・・・・・・200 g
薄力粉・・・・・・・・・・・・・・140 g
水(ぬるま湯がいいらしい)・・・・100 ml
オリーブオイル・・・・・・・・・・ 20 ml
塩・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 g

*** パスタ作り ***

1.大きめのボウルに強力粉、薄力粉、塩を入れ、真ん中にくぼみをつけて水とオリーブオイルを入れ、フォークやスプーン、スケッパなどで粉をかぶせながら混ぜて行く。

2.適当なところでボウルから取り出して、生地をよくこねたら(家長は15分間こね続けた)、ラップで包むかぬれ布巾をかぶせて1時間以上寝かせる。

3.2の生地を麺棒或いはパスタマシンで延ばし、下の左の写真のように一定の幅で(この場合は1センチぐらい)切ってゆき、それらを手のひらで転がしながら丸い麺になるようにのばして行く。

4.麺は20~30センチぐらいのテキトーな長さになったら隣同士がくっつかないように打ち粉をしてバットなどの容器に並べて行く(下の右側の写真)。

麺をつくる

5.お湯を沸かし、いつもの要領で手打ち麺をゆでる。7~8分ゆでたらお湯を切り、ラム肉のラグーに加えてよく和える。

6.粉チーズをかけ、小ネギをちらしたらできあがり。

*** *** *** *** ***
学生時代の友人が『ほいりげワイン』なるものを送ってきてくれたので、ピーチを食べるときにこれを開けて家族みんなで頂いた。

山形の月山トラヤワイナリーという会社が作っているフレッシュなワインで、発酵後すぐに添加物を加えずに冷却、瓶詰しているとのこと。濾過もしていないので濁り酒のような雰囲気があり、ほのかな甘味でとても美味しく飲み易い。

アルコール濃度も低めの7%で一般的なワインの半分ぐらいだ。特に娘たちには飲み易かったようで、すぐに1本空いてしまった。

ほいりげワイン
▲ほいりげワインには白とロゼの2種類がありその両方を送っていただいた。今回開けたの(写真)はロゼの方。ロゼはマスカットベリーAとセーベルというブドウ品種からつくられている。

スポンサーサイト
イタリアン | 00:08:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
写真で見た感じでは、かなり太い 文字通りうどんのように見えますね。
(しかも田舎の駅中のうどん屋さんのうどん (^o^) )

ワインも面白いですね。
添加物なしというのは、国産でも意外と珍しいのではないでしょうか。
2013-11-27 水 21:10:11 | URL | アキラ [編集]
アキラさん、コメントありがとうございます。
ご推察の通りで、この私が作った手打ちピーチはうどんぐらいの太さでした。
レストランで食べたものもだいたいそんな感じでしたが、長さはと言うともっと短かったように思います。
ワインのことですが、これは瓶内発酵が続いているらしく家では冷蔵庫に立てて保存するようにという指示がなされていました。そうしないと栓が飛んでしまうのだそうです(汗)賞味期限は2ヶ月以内。フレッシュが売りの美味しい生ワインでした♪
2013-11-28 木 23:52:35 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad