FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

タラッリというイタリア南部の固焼きパン
禁断の手打ちパスタに手をだして以来、粉をこねることが面白くて仕方ない家長だが、またひとつ興味深いレシピに遭遇した。

それは『タラッリ(taralli)』という名の固焼きパン。イタリアはプーリア州など、南部の伝統的なパンだそうだ。

タラッリ

妻が、『All About』に掲載されていたレシピを教えてくれたのだが、そこには『ワインに合うイタリアンスナック』と紹介されていた。

ボジョレーワインの解禁日が来週にせまっているが、そういう機会に行われるワインパーティーなどのお土産におすすめとあった。

レシピの大筋としては、決められた配合で粉をこね、それをクルクルッと成形したらサッとゆでてオーブンで焼くというもの。以下は All About に掲載の伊藤景子さんのレシピを参考にして作ったもの。

ボウルに粉を入れてこねる

1.大きめのボウルに、強力粉(200 g)と薄力粉(50 g)、塩(小さじ1)フェンネルシード(小さじ2)を入れ、真ん中にくぼみをつけたらそこに白ワイン(100 ml)とエクストラバージンオリーブオイル(60 ml)を注ぐ(左の写真)。

2.それらをフォークやスプーン或いはスケッパのようなものでよく馴染ませたら、ボウルから取り出し手でこねる(右の写真)。

3.こね終わったものはラップで包むか、濡れ布巾を上にかけ乾燥しないようにして1時間以上ねかせる(室温でいい)。

タラッリを形成してオーブンで焼く

4.生地を大きな梅干し大にちぎりとり、手のひらでくるくるとのばし、10センチくらいになったらその両端を絡め、潰してつなげる(左の写真)。

5.鍋にお湯を沸かし、形成した生地をゆで(1~2分)、お湯を切ったらクッキングシートを敷いたオーブントレイに並べ、200℃で30~40分焼いたら完成(右の写真)。

この分量だと40個くらいのタラッリができる。好みに応じて生地の量を調節しよう。

このタラッリ、フェンネルシードの香りが効いていてとても美味しい。家族が揃ってこれを囲めば楽しいひとときになること間違いなし。ただし、ついつい食べてしまうのでその点はご用心を。

子供達と一緒に作るのも楽しい一品。是非一度いかがだろうか?

【 ひとこと、ふたこと 】

インターネットで色々調べてみると、『taralli 』には “タラッリ” の他、“タラーリ” という表記もあった。本来これはもっと大きく形成したパンのことを呼ぶようで、今回家長が作ったものはそのより小さい “タラッリーニ” とか “タラリーニ” と呼ばれるもののようだった。

タラッリに入れるスパイスはフェンネルシードでなくても構わない。ローズマリーなど、適当な乾燥スパイスを練り込んでみるのも美味しそうだ。次回はそういうもので作ってみようと思う。
スポンサーサイト


イタリアン | 09:15:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
タラーリ、と書いてあるクリッカー的なやつを初めて食べて美味しかったので、検索してみたらこちらに出逢えました(^^)
私はただのアラフィフパートタイマー兼主婦ですが、家長さまの本業は料理人なのでしょうか?
他のレシピも美味しそう!また覗かせて下さいね!
2019-05-09 木 17:10:12 | URL | まるこ [編集]
まるこ様、コメントありがとうございます!
タラーリを食べたのがきっかけでこのブログを読まれたのだとか。嬉しいです。
私は料理とは関係のない仕事に従事しておりますが、娘たちが小さかった頃に家事を手伝わねばと改心して料理をするようになりました。そうしましたら、イタリアンが意外と簡単に家族に喜んでもらえる料理だということが分かりまして、世のお父さんたちにお知らせしたいとこのブログを立ち上げた次第です。
老若男女、どなたであれ、このブログが参考になったという方がひとりでもいらっしゃれば、大変嬉しく思います。どうぞ、いつでもお立ち寄りください。お役に立てれば幸いです。
2019-05-10 金 00:38:53 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する