■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

バウルーで作るホットプレスサンド
プレスサンド

バウルー? それなに? と思われるかも知れない。

バウルー(Baw Loo)とはホットプレスサンドを作る器具の名前。どういう経緯だったか家長がまだ小さかった頃、突然家に現れた。もう40年も前のことだ。

実家に眠っていたものを発掘し譲り受けてきたのだが、我が家で二度寝しようとしていたので。久々に働いてもらうことにした。

バウルー

写真を見ると分るようにとても簡単な構造をしている。この中に収まるようにサンドウィッチをつくり、コンロであぶれば出来上がり。どんなものでもこんがりホクホクしたプレスサンドになる。

今回家長はゆで卵の具をはさんで朝食を作ったのだが、家族にも大変喜ばれ、気分のいい一日を始めることができた。

これはおすすめの調理器具だと思うが、特にバウルーにこだわることはない。似たようなものが色々出ているので、(もし興味があれば)物色してみてはいかがだろう。

“続きを読む” をクリックすると、実際の調理の様子がみられます


今回は卵のホットプレスサンドを紹介するが、具には何を使っても構わない。お好みのものでどうぞ。

ゆで卵で具を作る

1.卵をゆでる。適当な大きさの鍋に水と卵を入れて火をつける。沸騰したら卵が割れないように弱火にして15分間ゆでた後、水で冷やし、カラを剥く。1人1個が目安。

2.カラを剥いたゆで卵を包丁でみじん切りにする。家長は、卵の水分をよく拭いてからキッチンペーパーの上でみじん切りにしている。回りに広がってもペーパーの端を持ち上げて切った卵を中央に集めることができるからだ(その場合はペーパーが切れないように包丁を上から下に垂直に下ろすようにして卵を切ろう)。

3.適当な大きさの容器に細かくした卵を移し、好みに応じてマヨネーズを加えてよく和える。マヨネーズを少なめにしたい場合は塩をパラパラと振りかけて調味するといい。黒コショウを少し振るのも美味しい。

バウルーにセット

4.バウルーを開けたら、底になる方に適当な大きさのバターを乗せる。

5.そこに真ん中から二枚に切り分けた食パンを置き、3で作った具を好きなだけ乗せる。

バウルーで焼く

6.具の上にまたパンを重ね、その上に4で使ったのと同じくらいのバターを乗せる。

7.バウルーを閉じてコンロに火を点け、中火から弱火で2分ぐらい焼き、ひっくり返したらまた2分くらい焼く。焦げないか心配な場合は、ひっくり返してはバウルーを開いてパンの様子を見るようにしよう(味に影響しないのでどんなに頻繁にやってもいい)。

出来上がり

8.気に入った焼き具合のところで火を止めたら出来上がり。中身を取り出そう。これを繰り返して人数分を焼く。

【 ひとこと、ふたこと 】

ここでは6枚切りの食パンを使っているが、8枚切りのものの方が器具内に収まり易くて使い易い。具を多くはさむこともできる。

卵のゆで方で水から入れて沸騰したら15分ゆでると書いたが、沸騰したお湯から入れた方が殻が剥き易いとか、ゆで時間は10~12分と書いているものもある。それはともかく、要は “固ゆで” にするということ。インターネット上に色々と興味深い方法が紹介されているのでそういうものも参考になると思う。
スポンサーサイト
その他 | 00:04:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad