■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

発酵食品と生クリームの相性を確かめる
どれくらい前のことだったろうか、妻とオール電化体験フェアという催しへ行った。

オール電化に興味はなかったが、イタリアンで有名なシェフを招き調理実演と試食があるというので参加した。

実演の詳細は忘れてしまったが、今も憶えているシェフの一言がある。それは『発酵食品と生クリームはとてもよく合う』というもの。

日本特有の発酵食品もクリーム系ソースにすればとても美味しいイタリアンに変身するということなので、是非一度試してみたいと思っていた。

前回のイカの塩辛がまだ残っているので、これを生クリームで合わせてショートパスタのソースを作ることにする。

塩辛とチーズのクリームパスタ

最初は塩辛と生クリーム(+ 牛乳)だけで作ろうとしたのだが、以前作ったゴルゴンゾーラのペンネを思い出しチーズが入ったらもっと美味しいのではないかと、クリームチーズも加えることにした。

ソースに絡めるはロングパスタよりもショートパスタの方が良さそうに思い、オレキエッテを使ってみた。たまたま使いかけのものがあったからそうしただけのこと。このためにパスタを買うのであればペンネがいいのではないかと思う。

そうこうして出来当ったものが上の写真。ソースがちょっと少なめのようにも見えるが味はなかなか。妻も娘達も『美味しい!』と言ってぺろっと平らげてしまった。

機会があれば是非一度。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 材料 ***

材料

材料(4人分)
生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ(100 ml)
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ(100 ml)
クリームチーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(80~100 g)
イカの塩辛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(大さじ2~3)
ショートパスタ(今回はオレキエッテ)・・・・・・・・・・250~300 g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

*** 調理 ***

1.パスタをゆでるためのお湯を沸かし始める。

フライパンにセット
2.フライパン(或いは鍋)に生クリーム、牛乳、クリームチーズ、イカの塩辛を入れて火を点ける。火は中火。

3.パスタをゆで始める(ゆで方は袋に書いてある通りで)。

塩辛とクリームとチーズのソースを作る
4.クリームチーズが溶けたらそのまま熱して少しソースを煮詰めるようにする。味見をして塩コショウで調味する。

ゆでたショートパスタを加える
5.ゆで上がり、お湯を切ったショートパスタをフライパンに入れてよく和えたら出来上がり。火を止める。

6.お皿に盛りつけたら食卓へ運んで皆で頂こう。

【 ひとこと 】

パスタがゆで上がるのとクリームソースが完成するタイミングを合わせるのが難しいと思ったら無理せず別々に作ってみよう。クリームソースを先に作って火を止めておき、それからパスタをゆで始めればいい。ゆで上がる直前にフライパンに火を入れて温め、お湯を切ったパスタを加えたらよく和えて完成。自分がやり易い方法にアレンジを。
スポンサーサイト
イタリアン | 12:19:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad