■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ケッカソース+αの冷製パスタ
夏と言えば冷製パスタ。

最初は「へぇ、イタリアでも麺を冷やして食べるんだ!」と感心していたのだが、どうもそうではないらしい。イタリアではあまり一般的でないようだ。

調べてみると、日本のざるそばがヒントになってできた歴史の浅いパスタ料理だという興味深い話が出てきた。ざるそばがモデルなのかどうかの真偽はともかく、我が家では夏に喜ばれるメニューのひとつ。

この夏初めての冷製パスタにはケッカソースにゆでたイカをを加えて乗せてみた。

ただし、イカはあくまでオプションだ。入れても入れなくても構わないし、イカではなくさいの目に切ったモッツァレラチーズを加えるのもいい。

極細のロングパスタ、カッペリーニを使えばゆで時間も2分ほど。暑い思いも短くて済むので是非一度お試しを。

ケッカソースとイカの冷製パスタ
▲出来上がったパスタを涼しげな容器に盛るとさらに涼しさが増す。このお皿は娘が父の日にプレゼントしてくれたもの。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます


*** 準備 ***

材料(4人分):

パスタ(カッペリーニ)・・・・・・・320 g(80 g x 4人)ぐらい

トマト・・・・・・・・・・・・・・・大なら4個、中なら6~8個
オリーブオイル・・・・・・・・・・・大さじ4~6(60~90 cc)
バジルの葉・・・・・・・・・・・・・6-10枚(1枝ぐらい)
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・1かけ
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
コショウ・・・・・・・・・・・・・・適当

イカ(今回はスルメイカ)・・・・・・適当(今回は2杯)

*** 調理 ***

ケッカソースを作る:

ケッカソースを作る
▲手前がさいの目に切ったトマトの果肉。左奥のボウルに入っているのがトマトの種と水気の部分を集めたもの。その右横あるのはバジルの葉。

1.湯剥きしたトマトを半分または4等分し、スプーンや指で種をかき出してから、それぞれをサイコロ大に切る。

2.大きめのボウルに1のトマトを入れ、手でちぎったバジルの葉と潰したニンニクを加える(順番は関係ない)。

3.適当に塩こしょうをして味付けをしてからエクスト・ラヴァージン・オリーブオイルを加え、手で(木べらなどでも良い)下から上へひっくり返すように大きく混ぜて、全体をよく和える。

4.3のケッカソースをボウルごと冷蔵庫に入れ、30分以上置く。

イカをゆでる:

5.イカのワタを抜き、軟骨をとって腹とゲソにして、鍋に入れる。イカが十分に浸かるぐらいに水を入れて火にかけ、中火で熱する。

6.イカが変色して膨らんできたら火を止めて取り出し、水で冷やす。それから水を切って適当な大きさに切り、4のケッカソースに加えて再び冷やす。

イカの下準備
▲左のまな板の上に乗っているのがゆでて水気を切ったイカ。それを適当に切ってまとめたのが右の写真。皮を剥いでゆでると白くきれいに仕上がる。

パスタをゆでる:

7.パスタをゆでるためのお湯を沸かし始める。

8.他のロングパスタをゆでる要領でカッペリーニをゆでるが、アルデンテにする必要はない。袋に表示のゆで時間いっぱいか或いは少し長めにゆでる。

パスタにソースを和える:

9.ゆで上がったパスタをザルにあげ、流水(水道水)で麺を冷やす。水温までに冷えたら、冷水を入れたボウルに麺を移し、しっかり冷やす(冷水には舐めて塩気を感じるくらいの塩を予め溶かしておく)。

10.麺を再びザルにあげ水気を切る(水気はできるだけよく切った方がいい)。

11.冷蔵庫からケッカソースを取り出し7の麺を入れて手でよく和える。ニンニクは取り出しておく。

12.涼しげなお皿に盛りつけて出来上がり。皆で食卓へ運ぼう。

【 ふたこと、みこと 】

麺を塩の入ったお湯でゆでても、流水で冷やせば麺の塩気はなくなってしまう。そこで冷やした塩水に入れるのだが、冷水に後から塩を加えたのでは溶けにくい。最初に麺をゆでるのに使ったお湯を少量とり、それに塩を溶かしておいてから水道水を加えて薄めて行こう。ちょっとしょっぱいかな?というところまで薄めたら、氷を沢山投入して塩気を薄めると同時に冷たくする。

トマトを湯剥きにするのが面倒ならしなくてもいい。また、種をとるのが面倒ならとらなくてもいい。とにかく一度、作ってみよう。

イカはのワタは自分でとってもいいが、面倒なら魚屋さんで処理してもらおう。皮まで剥いでくれるならそうしてもらおう。今回家長は自分で剥ぎました。
スポンサーサイト
イタリアン | 00:31:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad